ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

練習できない期間の調整法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、テニスコートで練習できない期間の調整法を紹介します。

学生の皆さんなんかは特に、テスト期間や学校行事などで1.2週間練習禁止などといったことは日常茶飯事ですよね。

しかしその度にスキルや体力が低下していたらせっかくの成長が水の泡です。
そのため、そういったテニスコートが使えない期間でさえプラスに捉え、自らの力へと変えていけるようにすることが大切になってきます。

練習できない期間にやるべきことまずは筋トレです。

たかが1.2週間で身体は大きくは変わりませんが「体幹トレーニング」をしておけば、休み明けにテニスをしたときに、自分の「軸」がしっかりしたことを多くの人が感じられると思います。

ケガするリスクも無く、そして効果的なトレーニングなのでこれは毎日必ずやりましょう。
「テニスに最も必要な筋肉とは?」こちらの記事にも体幹の重要性が書いてあります!

次にラケットとボールの感覚を忘れないことです。
これは環境によっても変わりますが、壁打ちするもよし、友達とボレーボレーをしてもよし、自宅でしか無理ならば、ラケットでボールをつくだけでも感覚の低下を防ぐことが出来ます。

1日1回はラケットとボールに触れるようにしましょう。

そして最後ですが、休み期間で自分の悪いクセを直しましょう。
ではテニスコートが使えないのにどう直すのか?答えは「何もしない」です。

皆さん休み明けにやけにサーブの調子が良い、なんて経験はありませんか?

それはボールを打っていない間に感覚と共に悪いクセも一緒に忘れ、素直なラケットワークになっているからなんです。

何もしないことに加えて、そのプレーが上手い選手の動画を何度も見て脳に焼き付け、ひさびさに練習してみるとさらにクセが直っている可能性は高くなりますよ。

それほどイメージトレーニングというものは大事です。
そのイメージをしっかりと具現化するためにも、筋トレやフットワークは忘れずに毎日行って下さいね!

今日の内容をまとめると、練習できない期間にやるべきことは、
1.体幹トレーニングとフットワーク。
2.ラケットとボールの感覚を忘れないこと。
3.クセを直すために苦手なプレーは何もしない&動画を見てイメージトレーニングをする。
ですね!

学生の方は勉強にテニスに大変だと思いますが、今日の記事を参考に、両立できるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年6月8日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)