ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

力を蓄えられる試合前の食事とは?

力を蓄えられる試合前の食事とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は試合前の食事についてお話しします。

おろそかにしがちな試合前の食事ですが、試合への影響はとてつもなく大きいんです。
試合数を重ねれば重ねるほど食事の影響は大きくなるため、優勝を目指して試合に臨む方にとっては本当に大切になってきますよ!

力を蓄えられる試合前の食事とは?

プロスポーツ選手のように、日頃から食事に気を遣うことは一般の人からすると難しいかもしれませんが、遅くとも試合の3日前からは試合に向けた食事を始める必要があります。

試合に向けた食事とは「エネルギー源を筋肉に蓄える食事」です。
専門的な説明をすると非常に長くなるので説明は省きますが、脳や体のエネルギーになるのは「糖」なんです。

そのためとにかく食べる必要があるのは「炭水化物と果物」この2つになります。
つまりパンうどんなどの主食と、フルーツを普段より多めに食べる必要があるんですね。

今まで力をつけようと、試合の前日には肉やカツ丼を食べる!と意気込んでいた方、残念ながら逆効果です(笑)
肉やカツなどは消化が悪い上にエネルギーにはなりません。

もちろん栄養のバランスを整える上で、今挙げなかった野菜や肉、魚ももちろん摂る必要はありますが、基本的に試合が近いのであれば「炭水化物と果物」中心の食生活にシフトしていきましょう。

そして試合当日。基本的には同じです。朝は炭水化物と果物中心の食事を心がけて下さい。
そして試合前や試合の合間には、バナナウィダーインゼリーなどのエネルギー補給食品を摂取しましょう。

なんとアメも試合直前の糖質補給には最適です。

今日の内容をまとめると、

試合の3日前から食事管理を始め、炭水化物と果物中心の食事を心がける。
そして試合当日にはバナナやエネルギー補給食品、アメなどを摂取し糖質を補う。

ということですね!
今まで試合前の食事になんて気を遣ったことがなかったという方、今後は食事にも目を向け、今日の内容を意識してみて下さい。

思いがけない良い結果がついてくることも十分起こり得ますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月8日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)