ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

本当に上手い選手の見分け方

本当に上手い選手の見分け方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、本当に上手い選手の見分け方についてお話しします。

本当に上手い選手とそうでない選手の違いとは?

今まで初心者の試合から日本代表同士の試合まで、数多くの試合を見てきましたが、パッと見で上手い選手は正直ゴロゴロいました。

しかし試合を通して見てみると、途中でボロが出る選手がほとんどです。

ボロが出る=本当に上手い選手ではないと私は判断してしまいます。
そしてやはり本番で結果を出すのは「本当に上手い」選手です。

ここで本題の、どうやって本当に上手い選手を見分けるかですが、これはたった1つの観点でわかります。

それは「ミスの仕方」です。
具体的に言うと「ミスの誤差」「ミスした後のミスの仕方」の2つです。

まず「ミスの誤差」ですが、これは文字通りの意味です。
テニスでミスというと、ほとんどがネットかアウト、この2つですね?

そしてサーブやセカンドレシーブなど、ほぼ相手の打球の影響を受けないショットで「ネット下段」にフォルトしたり、ラケット何本分も「大きくアウト」するのは明らかに技術不足、練習不足です。お世辞にも本当に上手い選手とは言えませんね。

本当に上手い選手でもミスはもちろんします。しかしミスの仕方が惜しいんです。

ネットだったら白帯に当たる、アウトだったらボール何個分、といったように誤差が非常に小さいんですね。

これが本当に上手い選手のひとつ目の見分け方です。

そしてふたつ目の見分け方「ミスした後のミスの仕方」です。

これは例を挙げて説明します。
正クロスのサーブでネットの白帯にかかりフォルトしたとします。

そして次の逆クロスサーブ。本当に上手い選手は「入る」もしくは「サービスラインを超えてしまいフォルト」この2択のどちらかになります。

しかし下手な選手はこの2択+「もう1度ネットにかかる」も加わります。
どういうことかわかりましたか?

本当に上手い選手は、前のポイントと同じミスの仕方はしないんです。
なぜなら技術が高いため、前のポイントでしたミスの感覚を生かし「調整」することが出来るからです。

下手な選手は調整しようとしない、もしくは調整しようとしても出来ないため、前と全く同じようなミスを繰り返すことが多々あります。

これが本当に上手い選手のふたつ目の見分け方です。

このようにミスの仕方ひとつで、本当に上手い選手かそうでないかが分かってしまうんですね。

今まで自分が上手い方だと思っていた方、今日の内容を読んでギクッとしませんでしたか?笑

しかし逆に言えば、ミスの誤差が大きかったり、ミスした後同じようなミスをしてしまう方はまだまだ練習すれば大きく伸びるということです!

考えながら練習を重ね、本当に上手い選手を目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月28日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ストロークやボレー、スマッシュが白帯に2回以上当たったら失点ですか?そのボールは有効ですか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)