ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ジョコビッチから学ぶテニスで大切なこと

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通りテニスで大切なことを、先日のウィンブルドンで優勝したジョコビッチ選手のプレーを参考にお話しします。

硬式テニスと軟式テニスは大きく異なる部分もありますが、基となる部分は同じだと私は思っています。

そこでジョコビッチ選手の先日の試合を見ていて思うことがいくつもあったので、今日はそれを紹介しますね!

ジョコビッチの強みとは?

ジョコビッチ選手のプレーを見ていてまず感じたことは「地味」
あんなにもすごい選手ですので、もちろんですが「いい意味で」です。

パッと見フェデラーやナダルのような派手さはないですよね?
フェデラーのような多彩で鮮やかなショットや、ナダルのような強烈すぎるスピン、などといったものはあまり感じませんでした。

それでもジョコビッチは世界ランク1位。それは何故なのでしょうか?
理由は恐らく「究極のオールラウンダー」だからです。

なにか特別に秀でているものがあるわけではないのですが、逆に弱点もなにもない。そして先ほど秀でているものがないと言いましたが、それは全てのプレーの質が本当に高いからです。

まるで精密機械のようなプレーをします。技術だけでなく、体力面、柔軟性、メンタル面なども完璧といっていいレベルです。

つまりジョコビッチのプレースタイルから何が言いたいかというと、テニスで大切なのは「バランス」だということです。

学生でよく見かけます。正確で力強いフォアハンドを持っているのに、バックハンドはからきしダメで、まともにロブも打てない選手。前衛でも、スマッシュは得意。しかしローボレーが全く返らない選手。本当にもったいないですよね。

このような選手が「ムラのある選手」なんです。

自分だけの武器を身に付けるのも大切ですが、それは全てのプレーのレベルが一定以上を越えてからです。試合ではあなたの得意は狙われません。苦手な部分が狙われるわけですからね。

今まで苦手なプレーから目を背け得意なプレーばかり練習していた方、それではいつまで経っても勝てません。

自分の課題に目を向け、得意なプレーを生かすためにもそれを克服しましょう。そしてジョコビッチのような、万能で全てのプレーの質が高い選手を目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)