ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛は役者であれ

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は「前衛は役者であれ」という自分が恩師に教わった考え方についてお話しします。

これはもともと教師が子どもの前で演じなければならないことから言われている「教師は役者であれ」という言葉からきたものですね。

では前衛が演じるとはどういうことか?

「前衛は役者であれ」とは?

試合中、ポイントをとれば激しくガッツポーズをし、ミスをすれば頭を抱え込んで悩む。そんな選手、あなたの身近にいませんか?

もちろん自分の気持ちを表現することは大切です。ガッツポーズで気分が乗ってくる選手もいますし、応援や雰囲気も盛り上がりますしね。ミスをしたときも自分の感情が表に出てしまうのも気持ちはよくわかります。

しかし前衛はそれでは務まりません。
以前の記事「前衛はロボット?」でも話しましたが、前衛はコートの中で最も冷静でいなければなりません。

では前衛は全く感情を表に出してはいけないのか?

それは違います。感情は出す必要があります。しかしそれは全て「演技」として出すのです。

ポイントを取り、ガッツポーズをして喜びますね?しかしそれは自分や自分のペア、応援の皆を盛り上げるために、そして流れを引き寄せるために意図的にガッツポーズや喜ぶ仕草をするのです。

実際そのときにはもう「今のポイントを生かし次のポイントをどう取るか?」を考えていなければなりません。前衛は点を取るために頭を休めるヒマなんて正直言ってないのです。

ガッツポーズをしながらも相手を観察し、精神状態を読み次のプレーに生かす。この積み重ねが後のゲームに必ず生きてきますからね。

そしてミスをした後です。ミスをした後、落ち込むのはダメだと思っているのか、先生やコーチに言われているのか、ポーカーフェイスで何事もなかったかのように振る舞う選手がいますが、私はそれもあまり良くないと思います。

自分の感情を押し殺して表現しないというのは気持ち的に必ずプラスには働きませんからね。ミスをした後は落ち込んでもいいんです。しかしそれは「味方に向けてやるのではなく、相手に向けてのみ」です。なぜか?もうわかりますね。

ここでも「演技」するのです。

さっき私はミスをした後は落ち込んでもいいと言いましたが、正確には「落ち込んだフリをしてもいい」ということです。

例えばクロスにポーチボレーに出て、ストレートを抜かれたとしましょう。相手には落ち込んだ姿を見せ、もうダメだ…。というような雰囲気でも見せておくのです。

しかし自分の後衛には、いつも通りの姿で、次またラリーの1本目ポーチ出るからフォロー頼むな。とでも伝えておきましょう。

そして次のポイントが始まった瞬間、しれっとした顔でポーチに出てボレーしてやればいいんです。

つまりあなたは「失点したという状況」、そしてあなたの「抜かれて落ち込んでいるという心理状況」を相手にあえて悟らせるよう演技し、その直後のポイントに生かすのです。

このような考え方が出来れば、失点しても心の中で(おれの落ち込んだ姿をよく見とけよ、これは演技だからな、次のポイントは気にせず動いてやるからな…。)とポジティブに、そして駆け引きにもつながる気持ちへと切り替えられます。ポーカーフェイスで気持ちを押し殺すよりよっぽどいいと思いませんか?

ペアや応援にはあなたのポジティブな姿だけを、相手や会場の観客には状況に合わせたあなたの姿を見せるのです。

観客の心も騙せるようになれば、メンタルだけ見ればもうそれは立派な一流の前衛です。
これが「前衛は役者であれ」という言葉の意味です。

皆さんもコートの中での「名俳優」を目指してみてくださいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)