ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

勝ち癖と負け癖

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今日は久々にテニスをしたので、そのときに思ったことを話しますね!

今日は色んなペアと試合をしたり、また試合を見たりしていたのですが、やはり勝つペア、負けるペアは大体同じなんです。ちなみにみんな全国レベルの選手で実力は同じくらいです。

しかしどんなシーソーゲームをしていても最後の最後で勝つペア、負けるペアはなぜか変わらないんです。

それを見て、やはり勝負の世界でも「クセ」が重要なのだと改めて思いました。

勝ち癖と負け癖

皆さんは勝ち癖負け癖という言葉を聞いたことがありますか?

2つとも名前の通りの意味です。勝ち癖は勝つ癖がついているということ、負け癖は逆に負ける癖がついているということです。

勝ち負けに癖なんてあるの?と思うかもしれませんが、これは本当にあります。

皆さんも、なかなか勝てない時期や、逆になぜかわからないけど勝てちゃう時期などありませんでしたか?

それも癖がついているんです。勝ちが続いているときは、無意識のうちに勝つための重要なポイントがわかっていて、そのときにしっかりと点が取れているんです。

逆に負けが続いているときは、その反対にどう頑張っても上手くいかなくなってしまうんです。

ではどうすれば負け癖を克服し、勝ち癖をつけることができるのか、それは日頃から勝負に「勝ち続けること」。これに尽きます。

そんなこと言ったって勝ち続けれたら苦労しない、と思うかもしれません。しかし本当にささいな勝負でいいんです。

乱打や試合形式の練習など、小さな勝負で勝ちを積み重ねることで、本当に勝ち癖をつけることができますから。

大切なのは練習のときから勝ち負けにこだわり、「勝ちたいと思って勝つこと」を当たり前にしてしまうということです。

偶然勝ってた、じゃだめなんです。それでは本番に繋がりませんからね。
皆さんも明日からひとつひとつの練習を全て勝つつもりで取り組み、勝ち癖のついた選手になれるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)