ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

下手な前衛を育てるのは後衛

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は、ペアの前衛が下手…と悩んでいる後衛の方へ向けてお話しします。

ネットで自分のペアの前衛のグチを書く後衛の方が非常に多く、大変悲しかったため書くことにしました。

ペアの前衛が下手な理由を理解する

まず後衛の皆さんに知っておいてほしいこと、前衛は後衛に比べて成長が遅い、これは当然なんです。

前衛と後衛、どちらが難しい?と聞かれると、どちらとも言えませんが、確実に言えることは「最初は前衛の方が難しい」ということです。

単純に、初心者のうちにストロークとネットプレーを両方やらなければならないから当然です。

後衛もネットプレーは必要だから同じ、と思う方もいるかもしれませんが、後衛のネットプレーと、前衛のストローク、どちらが使う機会が多いかは歴然ですよね。求められるプレーの質も異なります。

それに加えて前衛は、後衛に比べて試合で打つ回数が明らかに少なくなってしまいます。
初心者〜中級者くらいの実力になってくると、最も成長するのは試合です。そこでボールに触る数が少ないのはとても不利なんです。

中高生で後衛が前衛に怒っているペアをよく見かけるのはこのためなんですね。

前衛がまだ上達しないうちに先に後衛が上手くなり、実力差が生まれることで自然と上下関係も生まれ、前衛は萎縮し動けなくなってしまう。

前衛が育たない原因には少なからずこういった負の連鎖があるんです。
そのためペアの前衛が下手で悩んでいる後衛の方は、まずこのことを理解してあげて下さい。

決してペアの前衛のセンスの問題ではないんです。
前衛と後衛にはそれぞれ違った上達するタイミングがある、ということを覚えておいてあげて下さい。

そしてそのペアの前衛の上達のカギを握っているのが後衛のあなたなんです。

前衛の上達するタイミング、それは「試合」ここに尽きます。
もちろん最初はボールに触れないでしょう。触ってもミスばかりでしょう。

しかしそこで後衛が自分で点を取りにいってしまっては前衛は上達しません。
そして後衛のあなたも成長しません。

前衛は抜かれることで、ミスをすることで上手くなるんです。
人間と同じで、失敗することで前衛は成長するんです。

難しいかもしれないですが、後衛の方はそれを理解し、我慢して我慢してラリーし、ひたすら拾って、前衛の尻ぬぐいをしてあげて下さい。

いつ開花するかわからないペアのために、自分で決められる場面で決めずに我慢することは大変で辛いことだと思います。
しかしあなたが我慢し、ペアの前衛が開花する頃には、あなたは本当に凄い後衛になっていることは間違いないです。

後衛にとって最も大事な能力「我慢」を完全に自分のものにしているんですから。

目先のポイント、練習試合での勝利ももちろん大事ですが、ソフトテニスはペアでやるスポーツです。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、1人で勝つより2人で勝つ方が楽しいですし、何よりお互いに大きな成長が待っています。

後衛が我慢してラリーして、最後に前衛が決めたボール、それは後衛のポイントだと私は思っています。テニスをよく知っている方なら皆さんそう思うでしょう。

ペアの前衛が下手だから自分で点を取る。
今までそう決め込みテニスをしていた後衛の方、そんな1ポイントよりも、ペアの前衛の成長のために必死に走って、我慢して、ラリーをする姿の方が断然かっこいいですよ!

もし今まで前衛のグチを言ったり、下手だと言って怒っていたりした後衛の方がいらっしゃったら、この記事を読んで少しでも前衛について理解して貰えたら嬉しいです。

そして前衛の方は、いつも自分のために必死に走って繋いでくれる後衛に「感謝の気持ちを忘れない」ようにしましょうね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月16日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)