ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

拾える選手と拾えない選手の違いとは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
足や反応が速くてもギリギリでボールを拾えない、もしくは拾えても返すのが下手な選手、逆に足や反応は遅いけれども、なぜかなんとか拾えて上手く返せてしまう選手がいますよね?

もしかすると皆さんもそのどちらかに当てはまるかもしれません。今回はタイトルの通り、ボールを拾える選手と拾えない選手の違い、そして拾えるようになる練習方を紹介します。

拾える選手と拾えない選手の違いとは?

この違いは何なのか?それは「ツーバウンドの捉え方」です。
当たり前のことですが、テニスはコートでボールが2回バウンドするまでは失点ではありません。

つまりあなたがどんなに高い打点で返そうが、あと10センチでボールがツーバウンドするような低い打点で返そうが同じなんです。

拾える選手は無意識のうちにそれをわかっていて「ボールがワンバウンドしてからツーバウンドするまでの全ての範囲」を自分の打点だと捉えています。

逆に拾えない選手は「ボールがワンバウンドして上がった頂点、もしくはそれより少し落ちた位置のみ」しか自らの打点と捉えていないため、届いても投げやりに打ちミスをしたり、走るのを諦めてしまったりするのです。

拾える選手は走り出した瞬間から、ボールがツーバウンドするギリギリのところへ照準を合わせて走っているため、限りなく低い打点で打ってはいるけども、どこか余裕を感じさせる拾い方が出来るんですね。

ではどうすれば拾えない選手が拾える選手になれるのか。簡単です。ツーバウンドギリギリのところで打っても、ボールはきちんと返るということを体で覚えればいいんです。

まずは自分の前に手でボールを落とします。
そしてツーバウンドギリギリの低い位置でラケットをスッと差し込んで真上にボールを上げ、それを繰り返す練習から始めて下さい。

その時点で、ボールが2バウンドするまでにいかに長い時間があるかに気付くと思います。

慣れてきたら実践的な練習をしてみましょう。

例えば、あなたがセカンドサービスを打ち、相手にツイストをしてもらいます。そしてそのままネットについてもらい、あなたはツイストされたボールをツーバウンドギリギリの打点で、動いた相手を見て正確にコントロールして返す練習など、自分の苦手に合わせて応用した練習をしましょう。

今日説明したように、ツーバウンドギリギリでも打てるんだ、という意識が身に付けば、色々な場面であなたのテニスの柔軟性や応用力は高く上がります。ストロークの「懐」も確実に広くなりますからね。

小さな意識でテニスが大きく変わるので、普段の練習の中で今回のような練習も取り入れてみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)