ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ダブル後衛との正しい戦い方とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はダブル後衛対策についてお話しします。

上手いダブル後衛は本当に厄介で、戦いたくないという方も多いと思います。今日はそんな方のために、ダブル後衛と戦う時の基本、セオリーを紹介します。

ダブル後衛と戦うときの基本とは?

まず、ほとんどの方がダブル後衛と戦うときに考えるでしょう、どちらを狙うか。もちろん下手な方を狙うのが当然といえば当然なのですが、実際にはそれは「基本」ではありません。

将棋やチェスをやる上で序盤の手は定石があるように、ダブル後衛と戦うときもそれはあります。では具体的にどこを狙うのか、この画像で説明します。court3あなたのペアは画像奥、相手が手前です。後衛が狙うべき場所は星マークの部分(センターよりややクロス寄り)です。

なぜか?理由は3つあります。

1つ目は右利きペアに限ってですが、右側の選手はバックハンド、もしくは回り込んで打つ必要があり、左側の選手はかなり右に動かなければ打てないということ。

2つ目にセンター付近に打つことで、相手の打てる角度が狭まり、前衛にとっても、後衛にとっても守る範囲が少なくて済むため楽になるということ。

3つ目に、相手の意識をセンターへと集めることで、最終的に打つサイドへの決め球が有効になるということ。

この3つです。

そして後衛が、同じ場所に打ち続けるということは、前衛はポジションを変える必要がなくなるということですね?つまり毎球じっくりと相手を観察してコースを読むことができるんです。

後衛は下手に色んなところへボールを打っても、リスクが高いだけでなく、前衛は全く絡めなくなってしまいます。

ですから後衛はチャンスボールが来るまで、もしくは自分の前衛が決めるまで、我慢してそこに打ち続けること。

前衛は毎球同じポジションへ戻ればいいのだから、毎球勝負を仕掛けること。

これがダブル後衛と戦うときの基本なんです。

もちろんラリーになる前に、相手をツイストで前に出して簡単に点を取ったりすることも大切ですが、ダブル後衛を攻略するにはやはりラリーで点を取ることが必須なので、もしダブル後衛と戦う機会があれば、ペアとこの記事を読み相談して、試してみてはいかがですか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)