ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

フェイント&モーションの有効活用法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は前衛のフェイントやモーションといった「駆け引き」の部分についてお話しします。

フェイントやモーションなんて小細工は意味ない、と思う方もいるかもしれませんが絶対にそんなことはありません。

使い方によってはその動きだけで点を取ることもできますからね!

では始めにフェイントとモーションの使い方の種類について説明します。

フェイント&モーションの種類

1.出るふりをして守る(守るふりをして出る)。
2.出るふり(守るふり)をして動かない。
3.出るふりをして出る(守るふりをして守る)。

大きく分けるとこの3つです。

1.出るふりをして守る(守るふりをして出る)は皆さんもよく使うと思います。

2.出るふり(守るふり)をして動かない。これも使いますよね。

しかし今回特におすすめしたいのは、3.出るふりをして出る(守るふりをして守る)です!
これも文章の通りなのですが、使っている人は少ないと思います。

どのように使うか、例を挙げて説明していきますね。

あなたの後衛のクロスサーブ。あなたは明らかにフェイントだとバレるくらい大げさに、フォアクロスポーチに出るふりをしてから一旦戻り、そして相手が打つ瞬間に、あえてフェイントをかけた方向、つまりフォアクロスポーチに出ます。

すると大抵の後衛は、明らかなフェイントを見ているため、フォアクロスポーチに出るふりをして守るのだろうという思考からほとんどがクロスに打ってきます。それをまずあなたはしっかりとボレーします。このとき外れても構いません。

そしてサーブが1周回り、再度あなたの後衛のクロスサーブ。
今度は1.出るふりをして守る(守るふりをして出る)を使います。

あなたはフォアクロスポーチに出るふりをして今度は守るのです。このときボレーできようができまいが関係ないです。

目的は、相手に「1種類のフェイント(例だと出るふりから違う動きをしてくる」と印象づけることだからです。この印象がつくと、相手はあなたのモーションから、あなたの動く方向を予想することが難しくなります。

あなたが何も考えず早めに動いてしまっただけでも、それがフェイントかも?と感じてしまうからです。

そして「出るふりをして出る」ことができる環境になったということは、完全にポーチボレーに出る態勢からポーチに出れる、ということですよね?

すると当然ですが、ギリギリまで真っ直ぐな態勢からポーチに出るより、余裕を持って楽にボールに届きます。

このように試合の前半で、3.出るふりをして出る(守るふりをして守る)と1.出るふりをして守る(守るふりをして出る)を組み合わせることで、その後の試合をかなり優位に進められるのです。

わかって頂けましたか?
少しの工夫で、だいぶ試合が展開しやすくなりますよね?

このフェイントやモーションの使い方は他にも応用が利くので、試合の中で試しながら様々なパターンを身に付けていけるといいですね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)