ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

真のポジション取りとは?

真のポジション取りとは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は前衛のポジションについての記事です!

皆さんポジションはどのように教わりましたか?
基本的には自分のコートのセンターマークと相手後衛を結んだ線上、などと教わった方も多いと思います。

もちろんそれは正しいのですが、もっと簡単に、正確に、そして早く、ポジションをとれる方法があるので今日はそれを紹介します。

後衛の大股1歩は前衛の小股1歩?

この言葉、意味がわからない方がほとんどだと思いますが、本当にそのままの意味です。

相手後衛が大股で1歩動いたら、あなたも同じ方向へ小股で1歩動くのです。

相手が前へ動いたらあなたも前へ、右に動いたらあなたも右に。たったこれだけで、前後左右にベストなポジションをとることができるのです。

本当にこれでちゃんとしたポジションがとれるのか、疑う人は実際に後衛を立たして好きに動いてもらってみて下さい。
そしてあなたはそれについていきます。すると不思議なことに、常に最もベストなポジションにいるんです(笑)

これは当然といえば当然なのですが、ポジションは相手に合わしてとるもの。
なら相手と同じ動きをすればいいじゃないか、という考えから私が編み出したものです。

注意するポイントは1つだけ。最初のポジションをしっかりととることです。
そこがズレるとそのあとも全てズレてしまうので、最初のポジションはしっかりと考えてつきましょう。

このポジションどりに慣れてきたら、少しずつ相手についていく、というイメージから、相手の動きと同時に動くイメージへとシフトしていって下さい。

あなたが完全な「鏡」になるということですね。

そうすると、相手が止まって打つときにはあなたはどうなっていますか?
そうです、もちろん止まっていることになります。これをマスターすると、「相手が打つ瞬間に止まって観る」ということが自然にできるようになるんです。

さらに相手後衛からすると、完全に自分の動きについて来られている感じから、間合いを詰められていると無意識のうちに感じ、意識せざるを得なくなります。

これがいわゆる「間合いを合わせる」ということです。

このポジションどり、簡単なのにいいことだらけですよね?
私が引退しているので公開しますが、現役の頃は誰にも教えませんでしたから(笑)

皆さんもこのポジションどりを覚えて、素早く正確なポジションをとれる名前衛を目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。ソフトテニス部に入っている中二女子です。『最初のポジションをしっかりととること』とは、どういう点を意識すればいいのでしょうか?

    • 相手後衛と自分のコートのセンターマークを結んだ線上に立つことを意識して下さい!

  2. 自分は身長が168㎝(男)前衛です。
    守りつつスマッシュで決めていくゲーム展開をしたいのですが、どのようなプレーをしたらいいのでしょうか?
    また、それに近い選手が動画などででているのなら教えてください。

    • スマッシュで決めていくプレーをしたいのであれば、自分の後衛にロブ展開にしてもらうか、自らコース変更のロブを誘うかのどちらかですね!

      しかし相手にロブを打たせたければ、試合の前半にポーチボレーに出て、横へよく動く前衛だと印象付けることが必要ですよ!

  3. 今更ですが、質問です。これだと、自分の後衛と被ってしまうのでは?

    • やってみるとわかると思いますが、最初の立ち位置さえしっかりと取れば、自分の後衛とかぶることはありませんよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)