ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ストレート展開時のポジションと守備範囲

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、ストレート展開での前衛のポジションと守備範囲、つまりやるべきことについてお話しします。

何をすればいいかわからなくなってしまいがちなストレート展開ですが、ポジションと守備範囲、そして優先順位だけ覚えれば簡単な展開なんですよ。

ストレート展開で前衛がやるべきこととは?

まずストレート展開のポジションです。
ほとんどの方はご存知だと思いますが、センターラインより約1歩〜2歩内側ですね。

もちろんですが相手後衛の位置によってポジションは変わってくるので、ハッキリ「ここ!」とは言えませんが、とにかく大事なことは「サイドを抜かれることを恐れず、センターラインより内側にしっかりと立つこと」です。

ストレート展開でセンターラインよりも外側に立つと、前衛は自分のサイド以外どこも取れなくなってしまいますからね。

あえて外側に立ち、センターに打ってくるボールを1歩でボレーするテクニックもありますが、使いどころなどが難しいので、まずはしっかりとしたポジション、センターラインより内側に立ちましょう。

次に守備範囲です。これは抑えるべき優先順位があります。

まず絶対に通されたくないのが「コース変更のクロスへの中ロブ」です。
自分の方のサイドじゃないの?!と思うかもしれませんが、試合の中で何度もストレート展開からクロスへ打ってくる後衛はそうそういません。

それよりもストレート展開から簡単に逃げられ、かつ中ロブで攻められる方がよほど後々効いてくるので、ストレート展開になったらまずクロスの中ロブを警戒しましょう。

わざと誘って取るもよし、早めに下がるフリをし打たせないのもよしです。

次に通したくないのが「ミドル(自分と後衛の間)とサイド」です。
この2コースはよほど通されないと思いますが、タイプによっては打ってくる後衛もいるので、誘って取るなり牽制するなりして対策しましょう。

そして最後「後衛前のポーチボレー」ここを取れれば一人前の前衛です(笑)
つまりストレートボレーですね。

自分のサイドを全て捨てて取りにいくのでリスクは高いですが、決めることが出来ればストレート展開になる度に、相手後衛はプレッシャーを感じるはずです。

ここを取るためにも、クロスの中ロブは最初に抑えておく必要があります。

ストレート展開での逃げ道を序盤で無くすことで、ストレートでラリーせざるを得ない状況を作り出し、そこでストレートボレーへ出るんです。

この流れで決めることが出来れば、もうそのストレート展開はもらったようなものですよ!

今日の内容をまとめると、

ポジションは、
ストレート展開では、センターラインより必ず内側に立つこと。

守るべき優先順位は、
1.クロスへの中ロブ。
2.ミドルと自分のサイド。
3.後衛前のストレート。

ということになりますね!
今日話したことはあくまで基本なので、これがきっちり出来る人は、立つ位置を微妙に変えて駆け引きをするなど、プレーの幅を広げていくのも良いと思いますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつもためになる技術など教えていただきありがとうございます。僕は高校二年生なのですが全体的にポジションに入るのが遅くて頭ではポーチに出る場面と分かっていてもばたばたして出れません。どうすればいいのでしょうか?あと、ラリー中の前後のポジションも教えていただきたいです。よろしくお願いします!

    • ご質問ありがとうございます。
      ブログの「真のポジションどりとは?」という記事に丁度その内容が書いてあるので読んでみて下さい!検索エンジンでタイトルを打てば1番上に出てきますよ!

  2. はじめまして!
    いつも楽しくかつ勉強になるなーと思って読んでいます。

    いくつか質問をさせてください。
    私は前衛なのですが、ペアの後衛が左利きなのですが、後衛サーブ、相手後衛レシーブ時にシュートのクロスボール、もしくは味方後衛サーブ、相手前衛レシーブ時の前衛頭越えレシーブ時で、バックで打球を処理するため、前衛に引っかかり失点してしまいます。ペアの持ち味はロブでつなぐことです。

    私自身、ペアを思って毎回カバーしているのですが毎回うまくいくわけではないので、ポイントより失点が上回ってしまいます。

    私の精進も必要ですがこの場合、ペアにはどういうアドバイスを送ればいいのでしょうか?

    • バックハンドが苦手な左利きの後衛は多いです。
      ごまかし方は色々ありますが、勝っていくためにはバックハンドで攻めれるくらいの技術を身につけるほかないですね。
      どうしてもバックハンドがだめなら、どんなボールでも回り込めるだけのフットワークと、ロブでセンターに深く繋げられるくらいのバックハンドを身につけるべきです!

      • 回答ありがとうございます!

        左利きでバックが苦手な方は確かに多いという気もしますが、体の構造上の理由なのでしょうか?

        選択肢としては、
        1.バック練習をする
        2.どんなボールも回り込んで深く返す
        ということになるということですね!

  3. 相手後衛とセンターマークを結んだ直線に立つのではないんですか?そう教えられました

    • 正確には「相手後衛の打点」と「センターマークを結んだ直線上」に「自分の利き腕の肩」をおくというのが正しいのですが、それを実際にストレート展開時に行うと、自然とセンターラインより内側に立つことになります!ぜひ一度試してみて下さい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)