ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

韓国式バックハンドの打ち方

韓国式バックハンドの打ち方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はリクエストの多かった「韓国式バックハンド」の打ち方について紹介します。

いわゆる「韓国バック」ですね。

韓国式バックハンドとは?

まず普通のバックハンドと韓国式バックハンドの最も大きな違いは、私がバックハンドで1番重要視している「左手の使い方」です。

私達が普段打っているバックハンドの左手の使い方は「バックハンドのコツは左手の使い方」こちらの記事に書いてあるので一度目を通してください。

しかし韓国式バックハンドはこの左手の使い方と全く異なった使い方をしているんです。

では左手をどう使うのか?
それは、左手を右ひじの内側に当て、そのまま左手で右ひじを押すように、両手で同時にスイングをするんです

想像できますか?
もし分からなければWebで「韓国式バックハンド」と検索すれば画像や動画が出てきます。

見ればわかると思いますが、普通のバックハンドと異なる点は「左手の使い方」のみですよね?

もちろん細かい違いはありますが、大きく異なるのはその点だけです。そのため真似しようとすればすぐに出来る人も出てくると思います。

「右ひじの内側を左手で押すように一緒にスイングする」たったこれだけですもんね。

しかしここで気になると思うのが、普通のバックハンドと韓国式バックハンド、結局どちらがいいの?ということだと思います。

これは選手としてのレベルや体格、求めているものによって変わるのですが、まずそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

まず私が思う韓国式バックハンドのメリットは「筋力のない選手や腰の回転が上手く使えない選手でも、ある程度速いボールが打てる」ということと「インパクトの面が簡単に安定する」ということです。

デメリットはその逆になりますが「ある程度の速さまでしか打つことができない」ということと「インパクトの面が安定することで、柔軟性に欠ける」ということです。

逆に普通のバックハンドのメリットは「身体の使い方を覚えれば、非常に速いボールを打てる」ということと「柔軟性のあるプレーができる」ということです。

デメリットは「フォアハンドと同じかそれ以上練習を積まなければ、身体の使い方や面が安定せず、苦手なまま終わってしまう可能性が高い」ということです。

このように両者ともにメリット・デメリットがあるためどちらがいいとは一概には言えません。

個人的には、
ある程度の速いボールでとにかくミスがないような、堅実なバックハンドを目指している方は韓国式バックハンド。

バックハンドをフォアハンドと同じくらい攻めれる武器にしたいと考えている方は普通のバックハンド。

これがおすすめです。
両方練習して試合の状況によって使い分けるのも良いと思いますよ!

今までどれだけ練習してもバックハンドがなかなか上手くいかなかったという方、韓国式バックハンドを試してみる価値はあると思いますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月20日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)