ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハンドを武器にするためのポイントとは?

バックハンドを武器にするためのポイントとは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はバックハンドについての記事です。前衛・後衛共通の内容ですね。

バックハンドはフォアハンドに比べて、少なからず苦手意識というか、出来ればフォアで打ちたいという気持ちがほとんどの方の本音だと思います。

そして多くの人が相手のバックハンドを狙って打つことが多いでしょう。

今日はその弱点と思われているバックハンドを、逆に武器にするにはどうしたら良いのかをお話します。

バックハンドを武器にするためのポイント

それはたった1つです。それは「流しの中ロブ」をマスターすること。これに尽きます。

どういうことかというと、バックハンドでの流し方向へのロブは、ストロークの技術の中で最も難しいと言っても過言ではありません。

それを完全に使いこなせるくらいまで打ち込めば、バックハンドはもう自在に、どこへでも打てるようになっている、という意味です。

そんなに難しいのか、と思う方は1度やってみて下さい。

右ストレート展開でバックに飛んできた球を、回り込まずにバックハンドでクロスへ中ロブで攻めてみて下さい。

前衛だったら相手のファーストサーブをストレートの角を狙って速いロブでレシーブしてみて下さい。

両者ともボールの内側をこすって流すのではなく、しっかりとドライブをかけてサイドに切れるような速い中ロブで攻めるんです。

ほとんどの方がセンターよりにいってしまったり、変な回転がかかってしまったり、もしかしたらまともなボールが飛んでいかない人もいるでしょう。それくらい難しい技術です。

しかしこれが出来ればあなたのバックハンドは超一流といえます。プレーの幅も確実に広がることでしょう。

バックハンドは基本的に引っ張りやすい打ち方なので、前衛は無意識に引っ張りに来るだろうと考えてしまいます。さらにバックハンドで流しの中ロブなんてめったに来ないボールを狙っている前衛なんていないため、ここぞというときに確実にチャンスを作り出せます。

意識の外側のボールに対して人は反応できないですからね。

ではどのようにバックハンドでの流しの中ロブを打つかですが、これはもうコツとかポイントでどうにかなるものではありません。

ひたすらバックハンドを練習し、自分なりの打ち方、そして何より「感覚」を身に付けることで、ようやく、こうかな?とわかってくるものなんです…。

バックハンドが苦手な方も得意な方も、腕試しに1度試してみて下さい。もし上手く打てないようなら、あなたのバックハンドはまだまだ伸びしろがあるということですからね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)