ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックハイボレーは「左手」で打つ?

バックハイボレーは「左手」で打つ?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は皆さんからの質問が多かった、バックハイボレーについてお話しします。

前衛の技術の中でもかなり難しい部類に入るのではないでしょうか。やはり苦手な方が多いようです。

今日はそんなバックハイボレーを武器にするためのポイントをいくつか紹介します。

バックハイボレーで意識するべき2つのポイント

1つめは「左足」です。ハイボレーは打点が高いせいか、足をおろそかにしている選手をよく見かけます。
しかしボールがどれだけスムーズに飛ぶかどうかは足にかかっているので、おろそかにしていいわけがありません。

左足はかかととつま先を結んだ線が、ネットと平行になるように横に向け、ひざを曲げて力をためます。
これは横を向いて半身になれば自然とそうなりますよね。

そしてインパクトの直前にひざのためを使い上へと伸び上がり、頂点から体が下がり、右足でドンっ!っと着地する瞬間にインパクトをするんです。これでボールを上から下へ力強く叩きつけることが出来ます。

2つ目のポイントは「左手」です。こちらが最も重要かもしれません。

まず構えですが、両ひじを高く上げ、左手とラケットを持っている右手でクロスさせておきます。
左手の指で飛んでくるボールを指すようなイメージですね。

そしてインパクトの瞬間に「右手を動かした距離と同じだけ左手を後ろへ引く」これがバックハイボレーで1番意識すべきことです。

つまり構えからインパクトまで右手でスイングした距離の分だけ、同時に左手も引く必要があるのです。

人の身体は左右対象の動作をする方が簡単かつ安定します。
そのため左手を右手と同時に引くという、左右対象の1つの動作をすることで、スイングの軌道が安定し、さらに右手だけを動かすことで起きるボディバランスの崩れも防ぐことが出来るんですね!

バックハイボレーの2つのポイントをまとめると
1.半身になり左足でしっかりタメをつくる。
2.右手と同時に左手も同じ分後ろへ引く。

ということですね!
今までバックハイボレーが苦手で決められなかったという方。この記事を参考に、バックハイボレーを武器に出来るよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)