ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

カットサーブの簡単な返し方

カットサーブの簡単な返し方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、カットサーブの返し方についてお話しします。

カットサーブの返球が苦手…という方はかなり多いと思いますが、いくつかのポイントを押さえるだけで、場合によっては普通のサーブよりも返しやすく、また攻めることも可能なので是非覚えていって下さいね!

カットサーブの返し方のポイント

カットサーブが返せない原因のほとんどが「打点が揃っていない」ということです。

そのためカットサーブを返す際に最も重要となってくるのは「足を置く位置」です。

最初に置く足は右利きの方でしたら当然「右足」ですよね?
この右足をどこに置くかでカットサーブが返せるか否かが決まってきます。

この右足を置く位置ですが、カットサーブを打つ相手が右利きか左利きかによって変わってきます。(レシーバーは常に右利きとして説明するので左利きの方は反対に考えて下さい。)

まずサーバーが右利きの場合。
カットサーブはバウンド後、自分の方へ向かって跳ねてきます。
どれだけ向かってくるかはカットのかけ方で変わってきますが、とにかく自分から離れていくということはないため「右足は普段より遠くに」置きます。

普通にスイングしても空振りしてしまうくらい離れてしまっても構いません。
そしてボールが跳ねた距離に合わせて左足を置きます。

思ったより自分の方へ向かってきたならば、左足は後ろに引いてオープンスタンスで打ちます。逆に思ったより自分の方へ向かってこなかったならば、左足を前に出してクローズドスタンスで打てばいいんです。

次にサーバーが左利きの場合。
カットサーブはバウンド後、自分から離れるように跳ねていきます。
そのため「右足はボールがバウンドした地点のすぐ後ろ」に置きます。

そしてバウンドして離れていくボールに合わして左足も出していき、自分の打ちやすい打点までボールが離れたところでスイングを始めるということです。

つまりカットサーブの返し方のポイントは、

大まかな変化の予想から右足の位置を最初に決め、バウンド後の変化に対しては左足を置く位置で微調整、コントロールする。

ということですね!
このように打点に入れるようになったら、あとはラケットの使い方だけなので、そこはもう練習あるのみです。

スライスで短く落とす、ロブを上げる、ドライブをかけて足元を攻めるなど、選択肢が生まれるようになれば一人前ですよ!

今までカットサーブが全然返せなかったという方、今日の内容を参考にカットサーブのレシーブを練習してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月10日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. よねっくすまん

    はじめまして。質問があります。
    インドアにおけるカットサーブの変化なんですが、体育館の板の貼り方が横か縦、どちらの方がカットサーブは威力を発揮しますか?
    よろしくお願いします。

    • カットサーブの回転の向きによります!
      縦のスピンでしたら横貼り、横のスピンでしたら縦貼りの方がカットの曲がり方は大きくなりますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)