ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

締まったボールを打つために最も大事な意識とは?

締まったボールを打つために最も大事な意識とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、締まったボールを打つための意識を紹介します。

締まったボールとは?

私が考えるソフトテニスでいう締まったボールとは、『初速から終速まで一定の速さを保ち、なおかつ「よく落ちる」ボール』のことを言います。

要するに、途中で減速しないようなスピード感があり、なおかつドライブがかかっていてよく落ちるボールのことです。

後衛にとっても前衛にとっても理想のボールといえますが、これはたった1つの小さな意識で打てるようになるんです。

締まったボールを打つには?

締まったボールを打つために意識するべきことは、皆さんおろそかにしがちなラケットを振った後、つまり「フォロースルー」なんです。

ではフォロースルーをどうすれば良いのか?
これは非常に簡単で、フォロースルーの最後、ラケットを「ピタッと止める」これだけです。

上手い選手のバックハンドを想像してもらえると分かりやすいと思います。バックハンドは打った後、フォロースルーでラケットヘッドが上を向きますね?

上手い選手はそのフォロースルーの最後、ラケットが必ずピタッと止まっているんです。フォロースルーのまま流れて次の動作に入ったり、ラケットがゆらゆらしていることは決してありません。

フォアハンドでももちろん同じです。
なぜかというと、ラケットの振り始めからインパクトまでの速さがボールの初速を決め、インパクトからフォロースルーの最後までが終速とボールの落ち具合を決めるからです

これは誰に教わったとかではなく、私の感覚的なものなのですが、恐らく正しいと思われます。

このフォロースルーをうやむやにせず、最後ピタッと止めるという意識が、素早くコンパクトな理想のフォロースルーを生み、その結果締まったボールに繋がるんです。

フォロースルーの最後、ラケットをピタッと止める。
これだけの意識でボールの質が大きく変わってくるので、今まで自分のボールがどこか締まらない…と思っていた方は是非試してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年6月16日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 質問です。
    フォアの場合は
    どの位置でラケットを止めれば良いですか?
    私は、左耳の横で手首がかえるようにと教えてもらいました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)