ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

「後衛の本能と戦う」

皆さんこんにちは!前衛ドットコム、管理人のツバサです!今回は私の自己紹介から始めますね。

私はソフトテニス歴9年「前衛」一筋です。そんな私は中学校2年生頃からソフトテニスを始めました。

それまではサッカーをしており、ラケットスポーツなど全くやったことがありませんでした。
運動神経も大して良いわけではなく、人並み…いやむしろ人並み以下といったところです…笑

しかし私はテニスを始めて2年も経たないうちに、なんと全国大会ベスト8(俗にいう全中ですね)に食い込み、高校では、なななんとインターハイ3位という結果を残すことが出来ました!

そしてさらに高校2年生から3年生にかけて、「日本代表」いわゆるアンダー18にも選ばれました!
テニスを始めて約4年間で日本代表に選ばれることはなかなか異例なことだと思います。自分でいうのもなんですが(笑)

ここで皆さんは、なぜこの経験も才能もない私が、全国でも通用する前衛になれたのか、気になると思います。今回はそれをお教えします。

一言で答えを言うと、それは皆さん含める他の人と

「戦っている対象が違うから」

です。どういうことか、これだけじゃあわかりませんよね?

これから説明していきます。

その前に私のプレースタイル、というより前衛としての特徴を話します。

・私は練習がさほど上手くありません。(理由は後ほど)

・試合の1ゲーム目はスコスコ抜かれます。

・2ゲーム目以降ボールを捕まえ出します。

・ファイナル、私の独壇場。90%勝ちます。

・校内試合ではめったに負けません。

・同じ相手にも負けません。

・試合前に偵察できた場合もめったに負けません(相手の相手にもよる)。

どういうことか、もう勘のいい人ならお気付きでしょうか?

そうです。私は俗にいう「データテニス」をソフトテニスを始めた当初からやっているのです。
こんなブログを運営している時点でわかると思いますが、私はソフトテニスを始めて今まで頭に頼って勝ってきた人間です。

ソフトテニスほど、考えたことを実行して結果につながるスポーツはないと断言できます(前衛に限って)。

テニスの王○様じゃあるまいし、、と思ったあなた、その通りです。右に来る確率、何パーセント!とかやってるわけではありません。データなんてとる必要は全くないです。もっと簡単な方法で、この世の全ての後衛の打つコースをほぼ限定することができます

より詳しく言うと、打つコースを限定できる場面がより多く生まれます。

私は前衛を9年間やってきましたが、今まで何百回も「お前は本当にやりにくい」や「なんでそんなにボールに触れるの?」、「おれの癖わかってるなら教えてくれ」と色々な後衛に言われ続けてきました。

日本代表の後衛にも何度も言われたことがあります。

日本代表の選考会の際に、ナショナルチームの監督やコーチ陣にも、「君は本当によくさわるなぁ」とも言われました。

そのくらい私は本当にボールによくさわる前衛です。

インターハイに行っても、私ほどボールにさわる前衛は見たことがありません。私はそのくらいボールの来る場所がわかります。

なぜか?
それはさっき話した「戦っている対象が違うから」の答えになるのですが、

私は相手の「本能」と戦っています。
ん?と思うかもしれませんが、今はここまでしか言えません。

今までたくさんの指導者の方に教えてもらったことを自分なりにまとめ、導き出した考えです。
今までのどんなソフトテニスの指導書にも載っていない、独自のノウハウです。

ちなみにさっき、私は練習が苦手といったのはこれが理由です。

試合などの緊張感のある場面になればなるほど、人は本能のまま動いてしまう生き物です。意識して打っている練習では、試合に比べ後衛の打つコースが限定しにくいのです。

逆に試合になれば、面白いほど相手の後衛をカモカモにすることができます

最終的には、何もしなくとも相手は打つところが無くなり、ボールを放り出すことだってあります。

前衛の理想の得点のかたちですね。

本能と戦うってどういうこと??

気になる方、私の前衛としてのノウハウを読んでみませんか?
これを知っているといないのでは、今後のテニス人生が180度変わってきます。

難しいことは何もないです。構え?見ないです。打ち方?見ないです。

相手後衛を見る必要があるのはたった4つの観点だけ

それも曖昧ではなく、超具体的な観点です。
明日の練習から実践して、すぐ効果の出るものばかりです。

注意
私のノウハウは、技術の向上については一切書いていません

とにかく前でボールにさわれるようになることに特化しています。

ただ、練習でのボレー1000本より、本番での、上手くはまった1本のボレーの方が前衛は伸びます。そのことを考えると、技術の向上も見込める可能性は大いにあります。

しかし私が直接的に皆さんに出来るのは、あくまであなたを相手の打つコース上まで導くだけ
そこで決めれるかチップしてしまうか、技術の向上につなげられるかはあなた次第です。

それでも知りたい、前衛として上達したい、というあなた。

前衛ドットコム限定ノウハウ「後衛の本能と戦う」を、期間限定3240円でお譲りしたいと思います!

自分で言うのもなんですが、内容を考えると正直この価格は破格だと思います(笑)

ページ下部から見ることのできる購入してくださった方のコメントも、まだ少ないですが高評価ばかりです。

しかし私は、本気で考え、本気でテニスをし、本気で勝ちたい選手にしかこのノウハウを教えたくはありません。そのため今回は有料とさせていただきましたが、購入していただいた本気の選手を絶対に後悔させないと断言します。

私がソフトテニスについてどれほど深く考えてきたか、他の記事を見てもらえればすぐにわかると思いますしね!

 【購入方法】
・クレジットカード払い(手数料無料)
・コンビニ支払い(手数料250円)
・銀行振込み(振込み手数料必要)

のいずれかになります。
以下のボタンから購入ページへ進むことができます。

複数購入予定の場合は同時に注文された方が手数料が重複してかからないためお得ですよ!

現在公開済みの商品は、
・後衛の本能と戦う
・前衛レシーブ苦手完全克服マニュアル
・超短期間!前衛最短育成理論
・努力革命 〜ソフトテニスの初期設定〜
以上の4つになりますので、よろしければご覧下さい!

クレジットカード払いで購入する

  コンビニ支払いで購入する  

   銀行振込みで購入する   

再配布やコピー等はもちろん禁止ですが、恐らく他の前衛にも後衛にも教えたくない内容だと思うので、そこは大丈夫かと思われます(笑)

指導者の方が教え子に指導するのはもちろんオッケーですよ!
一緒に日本のソフトテニスのレベルを上げていきましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年7月15日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 22 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ノウハウを読ませて頂きました!
    後衛を捕まえるための方法がこうも具体的に書いてあるとは、本当に期待以上の内容でした!

    これからもそこらのテニスの指導書には載っていないような、有益な情報を楽しみにしています!

  2. ノウハウありがとうございました!
    今まで考えたこともなかった相手のコースを読む方法でした。
    女子の私でも簡単に実践できそうなので、明日の練習から意識していきたいです!

    本当にありがとうございました!

    • こちらこそありがとうございます!
      女子の前衛でも簡単に実践できるので、ぜひ活用してくださいね!

  3. いつも記事を読ませてもらってます。
    現在高校でソフトテニス部を指導しているまー坊と申します。

    普段の記事も非常に参考になるものばかりですが、このノウハウは圧巻の内容でした(笑)
    私自身指導歴が長いので指導力には自信があったつもりでしたが、このノウハウを読んでその自信が喪失されたとともに、もっと早くこの考え方を知っていれば、今までの教え子達をもっと上の大会まで連れて行けたのに…という思いが複雑に交錯しています(笑)

    すでに生徒たちにこの考え方を話し試合をさせています。まだ思考がまとまっておらず上手くいかない生徒もいますが、はっきりと言えるのは生徒全員が考えてテニスをするようになったということです。生徒の会話を聞いていても、明らかにテニス脳になっているなと感じます。この調子でいけば前衛陣のレベルが大きく上がることは濃厚です!

    本当に参考になるノウハウをありがとうございました。
    目標の団体で県大会優勝を目指して頑張っていきます!

    • 非常に嬉しい感想をありがとうございます!

      前衛のレベルアップはチームの戦力が大きく向上する要素のひとつですもんね。
      目標を達成できるよう頑張って下さい!!

  4. ノウハウ届きました!ありがとうございます!とてもわかりやすかったです!

  5. 後衛の本能と戦うはヤフーメールでも大丈夫ですか

  6. ツバサさん。この度はありがとうございます。
    自分自身も学生から続けていて(前衛で)、現在は指導者として頑張っています。
    感覚的なとこに頼っていたのですが、こういう風に具体的に説明してやると伝わりますね。
    また、自分の理論も間違ってなかったと確認出来たことも嬉しかったです。
    自分も自身持って指導し、子どもたちも自身持ってプレー出来るようにしていきたいと思います。
    いい報告が出来るように頑張っていきます。
    この度はありがとうございました。

    • こちらこそありがとうございます!そう言ってもらえると嬉しい限りです。

      教え子さん達と一緒に頑張って下さいね!

  7. いつも記事を読ませて頂いてるのですがそれ以上にこのノウハウを読むとテニスが上手くなるのに効果があるのでしょうか?普段公開しているもので充分満足しているのですがどうなのでしょうか?

    • いつもありがとうございます。
      このノウハウは、読むとテニスが上手くなるわけではなく、前衛がとにかく前でボールをさわれるようになるための内容です。

      しかし試合の中でボールにさわる回数が増える事は、前衛の成長に直結するため、そういった意味ではテニスが上手くなるというのかもしれません!

  8. 初めまして。高3女子です。
    1ヶ月ほど前から、「前衛ドットコム」を見つけて、記事を読ませて頂いてます。そうしたら自分の中でいろいろ考えが変わって、試合でほとんど勝てなかった私が、先日の練習試合で勝率50%を超えました!!本当にありがとうございます!
    ここで相談なのですが、私は引退まであと2ヶ月ありません。5月末で引退です。そこで、「後衛の本能に勝つ」「前衛レシーブ苦手完全克服マニュアル」「超短期間!前衛最短育成理論」、どれを買うべきか悩んでいます。記事や皆さんのコメントを見る限り、効果が期待できることは信じていますが、何よりあと2ヶ月弱という期間でどれを最優先するべきなのか分からずにいます。
    ツバサさんの考えを教えてください。
    よろしくお願いします。

    • それはこちらとしても大変嬉しいことです。ブログを書いている甲斐があります!

      どれを選べば良いかわからないとのことですが、時間がないようでしたら「前衛レシーブ苦手完全克服マニュアル」か「超短期間!前衛最短育成理論」がオススメですね。「後衛の本能と戦う」は効果は絶大ですが、理解してから実践に移すまでが少し難しいので。

  9. 半信半疑でいる者です、すみません

    こちらを読んで頑張ったとして、どのくらいで効果がでますか?即、試合にいかされるのか、慣れるまでは時間がかかるのか…
    個人差もあるとは思いますが。
    できることなら、すぐにでも役に立てたいと考えています!

    • いえいえ、ありがとうございます。

      「後衛の本能と戦う」は相手のボールを捕まえるための「考え方」を伝授するノウハウなので、理解してから効果が出るまでの期間は本当に人それぞれです。少し賢い方なら読んだ瞬間からプレーが変わりますし、逆に試合を通してなるほどこういうことか…と徐々に理解される方もいらっしゃいます。

      どうしてもすぐ実践に活かしたいのであれば、誰にでもすぐに実践できる内容の「超短期間!前衛最短育成理論」の購入をお勧めしますよ!

  10. 前衛最短育成理論とセットで購入しました!

    私のレベル的にはまず前衛最短育成理論の内容をある程度実践してから、その後に後衛の本能と戦うの内容を意識していこうかなと思います!

    両方とも先生が教えてくれないような深い内容で満足です!これからも更新よろしくお願いします!

    • ありがとうございます!その流れがベストですね!

      いえいえ、今後もよろしくお願いします!

  11. 私は小学生から30年ソフトテニスをしてきました後衛です
    身体能力が人よりない自分が勝つには人と違うことをと、20年前当時、軟式界が毛嫌いしていた硬式の技術力や戦術を学んだりもしてきました。
    スイングメカニズム等技術は自信もって一通り説明出来ます
    後衛の戦術も説明出来ます。
    前衛も学ぼうとここ数年練習しましたが全くつかめず今回購入に至りました
    前置きが長くなりましたが、このノウハウは今まで全く考えたことのないもので、最初に読んだ時鳥肌が立ちました。
    まだまだしらないことがある。とますますソフトテニスにのめり込みそうです
    良いものをありがとうございました。

    • 30年はすごいですね、大先輩です…。
      そんな方にそう言っていただけるなんて大変嬉しいです。

      今後も価値ある情報を配信していくので、どうかよろしくお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)