ソフトテニス【前衛ドットコム】

「速く」「落ちる」中ロブの打ち方

「速く」「落ちる」中ロブの打ち方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は攻めのロブの打ち方についてお話しします。

攻めのロブ、いわゆる「中ロブ」ですね。後衛はもちろん、前衛も前に出るときのショットとしてよく使うボールだと思います。

中ロブがあるからこそ、相手の前衛は上も意識する必要が生まれ、シュートボールもより効果的になりますからね。

今回はその中ロブを打つ際のポイントついて説明していきます。

中ロブの打ち方で最も意識するポイント

まずはテイクバックです。
ロブ山なり下から上のスイングテイクバックは低くというイメージを、ほとんどの人が無意識に持っています。

しかしそれでは、時間を稼ぐためのしのぎのロブは打てても、攻めのロブは打てません。

実は中ロブは、ある打ち方と途中まで全く同じなんです。

なにか?
ロブと真逆のショットかもしれませんが、それは「トップ打ち」なんです。

一流選手の中ロブは、テイクバックからインパクトの直前までトップ打ちとほとんど変わりません。

変わるのはインパクトの直前から「下に打ち付けるイメージで打つ」「やや上に擦りあげるイメージで打つ」かの違いだけです。もちろん前者がトップ打ちで後者が中ロブです。

トップ打ちも中ロブもやや縦面気味で打つことはご存知だと思いますが、中ロブはトップ打ちよりも縦面で、ボールの内側を激しく擦りながら斜め上へと放るイメージで打つと、より速く、より落ちる中ロブになります。

それよりも大事なのはやはり「打点」です。とにかく高く、高ければ高いほどいいと言っても過言ではありません。

考えれば分かると思いますが、障害物(つまり前衛)を越えるとき、下から打つのと上から打つのだとどちらが楽に越えられますか?

低い打点から打つと、ボールは上へ進む力が大きいためアウトになりやすく、絶妙な加減が必要です。

しかし高い打点から打てば、もちろんボールは上へ進む力もありますが、それと同時に横へ進む力も働いているため、低い打点で打つのと比べてボールが落ち始めるのが速くなりますよね?

その分速いボールを打つことが出来るということです。

ダラダラと説明してしまったので分かりやすくまとめると、攻めの中ロブを打つポイントは、「とにかく高い打点で、そして縦面でボールの内側を擦るイメージで打つ」ということですね!

皆さんも攻めの中ロブを覚えて、プレーの幅を広げられるよう頑張って下さい!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
動体視力の最も簡単な鍛え方はこちらから。

ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 中学生の父親

    中学生の父親です。私は軟式テニス経験者ではなく、硬式を高校・大学とやっていましたので、ソフトテニスは息子と一緒に始めました。息子は後衛ですが、前衛の動き方がいつも分からず、ボレーの仕方も硬式とは脚の出し方が逆なので、いつもブログ・youtube・実際の試合などで勉強しています。このブログは、これまでに分からなかったことがどんどん分かるので、何度も読み返して勉強しています。また、息子のペアの父上にも伝えた次第です。これからもよろしくお願いします。

    さて、基本的なところから質問なのですが、縦面を使うとありますが、これはどのような意味でしょうか?教えてください。

    • 初めまして!毎回読んで下さっているようでありがとうございます。

      縦面を使うという意味ですが、普通ストロークを打つときは横面で打ちますね?しかし自分の頭より高い打点で打つ場合、ラケットヘッドが上に上がり、ややななめの面でインパクトせざるを得なくなります。今回はそのラケットの使い方を意識的にし、つまりラケットヘッドを上に立てるイメージで打つという意味で書きました。ヘッドを立てるとボールの上にかぶせるようなスイングができなくなるため、ボールの内側を擦るというかえぐるイメージを持ちスイングする必要があります。その結果ボールに野球でいうシュート回転気味のドライブが強くかかり、速く、落ちるロブが打てるようになりますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top