ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ローボレーを安定させる2つのコツ

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通りローボレーについてお話しします。

ローボレーが苦手な選手は本当に多いと思いますが、ローボレーは正直前衛の技術の中で最も重要といっても過言ではありません。

今日はそんなローボレーのミスを極限までなくすためのコツをお教えします。

ローボレーでミスする原因と解決策

まずなぜローボレーは他のボレーに比べてミスが多いのか、1つはもちろん「低いから」です。
ネットにかかる確率も、アウトになる確率も高くなりますからね。

しかし1番のミスの原因は「低いから」ではありません。
ではなんなのか?

それは「目からの距離が遠く、さらに目線がぶれてしまうから」なんです。

正面ボレーやハイボレーはわりと顔の近くでボレーすることが出来ますが、ローボレーはどれだけ顔を近づけようが、詰めることが出来る「目とボールの距離」には限界があります。

さらに低いボールが来たとき、つまりローボレーの姿勢に入るとき、グッと低い体勢になりますよね?
そしてそこから左右への移動も必要ですね?

この2つの動作のおかげで、ただでさえ目とボールの距離が遠いのに加えて、目線がブレてしまうために距離感が定まらず、その結果ミスに繋がってしまうのです。

「目とボールの距離の遠さ」「目線のブレ」これがローボレーでミスしてしまう原因なんです。

しかし原因がわかれば解決することが出来ますよね?
この2つの原因のうち解決することが出来るのは「目線のブレ」もちろんこちらです。

目の位置はどうにもなりませんからね(笑)
では「目線のブレ」を改善するにはどうすればいいのか?

まず、これは基本ですが「ローボレーポジションに入った時点で、最初から低く構えておく」こと。
これで上下移動での目線のブレは防げます。

そしてもう1つは「左右への移動は必ずサイドステップで行う」ことです。

やってみるとわかると思いますが、足を交差させるクロスステップで左右に動くと、身体が上下するため目線は必ずブレてしまいます。そのため左右への移動は、目線のブレが少ないサイドステップで移動しましょう。

そして最後、これが最も簡単で効果的でしょう。
「頭の位置を決して動かさない」これを意識して下さい。

目線がブレないように意識しろと言われても、意識しにくいため正直難しいです。
しかし頭を動かすなと言われると意識しやすいですよね?

これはどのプレーにも共通することですが、頭の位置がブレない選手はチップや空振りといったミスが少ないんです。
そのため上の2つに加えて「頭の位置を決して動かさない」これも意識しながらやって下さい。

今日の内容をまとめると、

ローボレーのミスの原因は
1.目とボールの距離の遠さ
2.目線のブレ

その解決策は
1.ローボレーポジションに入った時点で、最初から低く構えておく
2.左右への移動は必ずサイドステップで行う
3.頭の位置を決して動かさない

ということですね!
これが出来るようになったら、次はこの記事「ローボレーの革新的ラケットの使い方」のラケットの使い方を練習し、ミスなく攻めるローボレーを目指して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月13日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)