ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

「詰まる」選手の原因と改善策

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「詰まってしまう」人のための記事です。

まず「詰まる」とは、打つ直前に打点が思ったよりも近くて打てない、もしくは縮こまった打ち方になることをいいます。

今日はその「詰まる」原因と改善策をお教えしますね!

「詰まる」原因と改善策

まず詰まる原因については色々とありますが、私が見ていて1番多いと思う原因は「左足の設置が早すぎる」ということです。

どういうことか?
ストロークを打つ際、足は最後「右足」→「左足」と順に置きますね?

右足の設置は早ければ早いほど良いです。相手を見ることのできる時間が長くなりますし、ボールの来る位置に早く入れているということですからね。

しかし左足は違うんです。
なぜかというと、左足を早く決めてしまうともうそこから動けない、つまり「微調整が全く出来なくなってしまう」からです。

そのため右足を設置した後、左足は決めずにまだ浮かしておきます。

そしてボールがきますね?
そのボールが思った通りの位置にきた場合はそのまま踏み込んで打てばいいです。

しかし思ったより近かったり遠かったりした場合は?
そう、左足を踏み込む位置で微調整するんです。

思ったより遠ければクローズドスタンス気味に踏み込みボールとの距離を縮めます。

そして今回の本題。
ボールが思ったより近い、つまり詰まってしまいそうだったら?

そう、オープンスタンス気味に左足を踏み込み、ボールとの距離を離してしまえばいいのです。

とても簡単ですよね?
しかし左足の設置が早い選手はこの微調整が出来ない、だから詰まってしまうんです。

左足をギリギリまで浮かして踏み込みを遅らせることで、今話したような打点の微調整ができ、さらに体重移動もスムーズに出来ます。これを意識するだけで、簡単かつ効果的にストロークがスムーズになるんです。

今までよく詰まってしまうことで思い通りに打てないことが多かった方「左足をギリギリまで踏み込まない」たったこれだけで悩みが改善できるので、ぜひ明日から意識して練習してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月12日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)