ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

実戦的な「ポール回し」の打ち方

実戦的な「ポール回し」の打ち方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、ポール回しの打ち方についてお話しします。ネタか?と思った方もいるかもしれませんが大真面目です。

レベルが高い試合になってくると普通に使われますからね!

ポール回しとは?

まず皆さんはポール回しという技術を知っていますか?
サイドに大きく切れるようなボールでコートの外に出された際に、ネットを張るための支柱の横を通して相手のコートへ打ち込むショットのことです。

某アニメでいうブーメランスネークですね(笑)
ネットよりどれだけ低かろうがこのボールはインになります。例え地面スレスレでも支柱の横を通してコートに入れてしまえば入ったことになるんですね。

本当に大きくコートの外に走らされたときしか使えないため、打つ機会はもちろん非常に少ないですが、覚えておくといつか使える日はやってくると思います。
もし決まれば試合の流れはもらったようなものですしね!

では肝心な打ち方ですが、打ち方は特に意識することはありません。重要なのはどこを狙うかなんです。

ポール回しという名前だからか、ほとんどの人は狙いを支柱に定めて打ってしまっています。
しかしそれではほとんどがネットにかかってしまうか、前衛に普通にストレートボレーをされてしまいます。

ではどこに狙いを定めればいいのか、それはコースとして狙うのではなく「点」として狙う必要があります。

つまりピンポイントである場所を狙う必要があるのです。
それはどこか、この画像を見て下さい。court4あなたは右に出されている後衛だとします。
そして黄色の星の部分がポール回しをする際に狙うべき点です。

かなりシビアなところにあると思いますが、ここを狙う意識で打たなければポール回しはよっぽど成功しません。

YouTubeなどでポール回しの動画を調べればわかると思いますが、ほとんどがこの点に落ちています。

リスクは高いですが、こんなコースに打たれたとなれば、その後前衛は正直ストレートしか守れなくなってしまいます。笑

ハイリスクハイリターンなこの技術、もし練習する余裕があれば練習してみてはいかがでしょうか?
あなただけの武器になること間違いなしですよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)