ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

反応速度を上げる練習法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は反応速度を上げる練習方法を紹介します。

毎日練習の前にやれる簡単なものなのでぜひ取り入れてみて下さい。
まず反応を早くするために必要な能力は2つあります。

1つは単純な「反射神経」。そしてもう1つは「予測」です。

反応を良くするためには、その2つを同時に鍛える必要があります。

反応速度を上げる練習法とは?

皆さんも練習の中でやっているであろう「ボレーボレー」です。しかし普通のボレーボレーではありません。

2人で前に出ながら、かつ勝負しながらボレーボレーをするのです。

具体的に説明すると、ボレーする際には足を1歩前に出しますね?
その後普通のボレーボレーだと下がると思いますが、下がらずにどちらかが決めるまでお互い近付き決め合うんです。

しかし、あまり一気に近付いてしまうとすぐに終わってしまうので、徐々に徐々に近付いていくようにしましょう。

お互い前に出ながら、そして本気で決めにくるボールを返すには、予測と反射が必要不可欠となってくるので、反応速度は自然と上がってくるはずです。

そしてもう1つ、この練習には大きな意味があります。
それは「速いボールに対して受け身ではなく、前へ前へ、攻めの意識で取る」ということを身体で覚えられるということです。

アタック止めは気合いじゃ無理?この記事でも書きましたが、
「守り」という意識でボールを待つのと「攻め」という意識でボールを迎えにいくのでは、飛んでいくボールの質や、今回のポイントでもある「反応速度」が大きく変わってきます。

この攻めの意識は、意識しようとして身に付くものではないので、こういった練習で「野生的な勘」を身に付ける必要があるんです。

今まではただ続けるだけのボレーボレーをしていたという方、これを機に意識を変えて、今日紹介したような実践に役立つボレーボレーに切り替え、反応速度を磨いてみて下さいね!

反応速度に加え、テニスでは動体視力も大切になってきます。
私の教えている高校では動体視力を劇的に良くするトレーニングを行っているので、詳しく知りたい方は動体視力の最も簡単な鍛え方をご覧ください。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)