ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

裏技レシーブ「ドライブツイスト」

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はセカンドレシーブで使える小ネタというか裏技的なレシーブを紹介します。

だいぶ特殊な打ち方なのでほとんどの方は知らないと思います。
小ネタと言っていますが、実戦でもかなり使えるレシーブなので期待して読んでもらって大丈夫です!笑

知る人ぞ知る、ドライブツイストとは?

まずこのレシーブはセカンドレシーブなどの遅いサーブや短いゆっくりなボールのときにしか使えません。
というよりかは使うのが難しいと思います。

ドライブツイストとは、名前の通りドライブ回転のかかったツイストです。

普通一般的にツイストは、前へ進まないようにバックスピンをかけて打ちますが、このレシーブはドライブをかけます。

なぜかというと「普段のストロークと同じフォームで打つ」ことが目的だからです。

ではその打ち方ですが、最初は普通のシュートボールを打つときと変わらないスイングをします。

そしてインパクト!の直前にスイングを完全に止めます。
ボールに当たる本当にギリギリ10センチほどのところでスイングを寸止めするんです。

そうすると進んでくるボールがあなたのラケットに当たりますね?
その瞬間、ラケットのスイングを再開するんです。

普通に思い切り振ってしまって構いません。

ポイントは「スイングをインパクトの直前で寸止めし、その後ボールがラケットに当たってからスイングを開始することと、その動作をどれだけスムーズに出来るか」です。

インパクトの直前でスイングを止めることで、振り始めからインパクトまでの距離が実質ゼロになるため、かなり遅くて短いボールが飛んでいきます。

それはつまり、周りから見ると素早いスイングなのに、なぜかゆっくりで短いボールが打たれているという状況になるということです。

テニスの経験があればあるほど「そのスイングからそのボール?!」という本能的なズレが生じ、反応が遅れてしまうんですね。

このレシーブ1本で決まることも多々ありますし、次のボールをネットプレーで叩くこともできます。相手後衛をサービスラインあたりまで出したいときにも使えますしね!

とにかくこのレシーブ、使い勝手がいいんです。しかしこれ、結構難しいです。笑

私は練習後の遊び試合でふざけてよくやっていたら、試合でも使えるまでになっていましたが、多分コツを掴むまでは難しい技術なので、時間のあるときに遊びでもいいので練習してみてはいかがでしょうか?

ここぞというときの武器になると思いますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
動体視力の最も簡単な鍛え方はこちらから。

ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)