ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ふところを広くする一本打ちの練習法

ふところを広くする一本打ちの練習法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、練習法を紹介します。
なんの練習法かというと、皆さんもよく行うであろう「一本打ち」です。

しかしただの一本打ちではなく「ふところ」を広くすることが出来る一本打ちの練習法をお教えします。

ふところが広いとは?

まず「ふところが広い」とは「打てる打点の範囲が広い」ことを指します。
上下左右、そして奥行きまで、広い範囲の打点を持っている選手はプレーの幅が広く、対応力も高いです。

しかし具体的にふところの広い選手とはどんな選手なのか?

それは「右足の設置から、左足の踏み込みまでの時間が長い選手」だと言われています。

右足の設置は早ければ早いほど良いです。
相手を見ることのできる時間が長くなりますし、ボールの来る位置に早く入れているということですからね。

しかし左足の踏み込みは、逆に遅ければ遅いほど良いんですね。
なぜかというと、左足を早く踏み込んでしまうともうそこから動けない、つまり「微調整が全く出来なくなってしまう」からです。

詳しくはこの記事「詰まる選手の原因と改善策」にも書いてあります。

そのため右足の設置から、左足の踏み込みまでの時間が短い選手は微調整が出来ないため、打点がどうしても狭くなり、ある一点でしか打てなくなってしまうんですね。

つまりふところを広くするためには「右足1本でボールを待つ時間を長くする」必要があるんです。

ふところを広くする一本打ちの練習法

今日の本題、ふところを広くする一本打ちの方法です。

一般的な一本打ちと同じように、手投げでボールを左右に出してもらい、練習者はそれを両方共フォアハンドでコースを打ち分けます。

そしてここで1つ工夫を加えます。
相手コートのネットに前衛をつけ、前衛は練習者がボールを打つ直前に、右が左にラケットをわかりやすく出します。

練習者はそのラケットが出た方向と逆方向へボールを打ち分けるのです。

そのときに先ほど話した内容「右足1本でボールを待つ時間を長くする」ということを徹底的に意識します。

流れを説明すると、まずはボールの落下点まで素早く動き、すぐに右足を設置します。
しかしそのとき左足はまだ浮かしたままです。

そして前衛が左右どちらかにラケットを出した後、打つべき方向が決まったところで左足を踏み込みスイングを開始するんです。

打点が落ちてしまいますが、この練習ではそれで構いません。
当てずっぽうでコースを打ち分けるのではなく、必ず前衛のラケットがどちらに動いたか確認してから左足を踏み込み打つことを意識して下さい。

この練習で身に付けたいのはあくまでも「右足の設置から、左足の踏み込みまでの時間を長くする」ことだということを忘れないで下さい。

この練習により、自然と右足1本でボールを待つ時間が長くなり、結果的にふところが広い選手になることが出来ます。

今まで何も考えずにただ一本打ちをしていたという方、今日話したようなほんの少しの工夫を加えるだけで、あなたの成長速度がグンと伸びるので、是非練習に取り入れてみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月26日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)