ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

バックレシーブへの切り替えによる3つのメリット

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はレシーブを全てバックハンドで打つことによるメリットについてお話ししたいと思います。

バックレシーブは苦手な人も多いと思いますが、極めることが出来ればフォアハンドよりも断然多くのメリットがあるんですよ!

バックレシーブの3つのメリット

1.センターを空けることなくレシーブができ、かつネットに素早くつける。

(これは右利きの前衛を想定して話しています)

フォアハンドでレシーブを打つと身体はボールの左側、つまりコートの外側へ追いやられてしまいます。

しかしバックハンドでレシーブをすれば、身体はボールの右側、つまりセンター寄りで打つことが出来ます。

それによってセンターを空けることなくレシーブができ、かつより早くネットにつくことが出来るんです。これは前衛にとって非常に大きなメリットですよね!

2.安定した打球を打つことが出来る。

これもバックハンドストロークの特徴なのですが、フォアハンドに比べてバックハンドは「打点」「打ち方」が大きく限定されています。

フォアハンドは言ってしまえば手だけでも打ててしまうため、打点・スイングともに多くのパターンがあり、自由度がとても高いです。

逆にバックハンドは打点が身体前方の狭い範囲しかなく、スイングの軌道のバリエーションもほとんどありません。

これはフォアハンドと違い、バックハンドは身体の「体重移動」「回転運動」で打つ必要があるからですね。つまりフォアハンドに比べてバックハンドの自由度はとても低いんです。

しかし言い換えれば、自由度が低いということは、同じことが容易に出来る。つまり打点にスムーズに入ることさえ出来れば、毎回同じスイング、同じリズムで「安定した」打球を打つことが出来るんですね。

そのため習得するまでは大変かもしれませんが、打点への入り方を身体で覚えることが出来れば、フォアハンドでのレシーブより確実にミスが少なくなりますよ。

3.同じフォームからコースの打ち分けが出来る。

これもバックレシーブでの利点です。
先ほど話したように、バックハンドは身体の「体重移動」と「回転運動」で打つしかないため、テイクバックの時点でのフォームや足の角度などは一切変える必要がありません。

体重移動を始めるタイミング回転運動の早さだけで容易に左右の打ち分けができ、ラケットを振り抜く高さで打球の高さも打ち分けられるんです。

以上3つがバックレシーブのメリットです。
今日の内容を見ると、フォアハンドでレシーブするメリットがないじゃないか!と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

後衛の方でしたらフォアハンドでレシーブした方がセンターは空きませんし、何よりフォアハンドはバックハンドに比べて圧倒的に「自由度が高い」です。

ただその自由度の高さが、逆に余分な時間や緊張を生んでしまうため、前衛レシーブには多少不向きなんですね。

私はバックレシーブの方が緊張せず、何より少しでも早くネットへつけるため、基本的には全てバックハンドでレシーブをしています。

前衛なら全てバックハンドでレシーブすることをお勧めしますが、これは賛否両論が分かれる内容なので自分に合った方を選択しても良いと思いますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月26日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)