ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

セカンドサーブから攻め返す方法

セカンドサーブから攻め返す方法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、セカンドサーブについての記事です。

セカンドサーブはとにかく入れるだけのサーブ、と思っている方も多いかもしれませんが、工夫次第ではリスク無しに攻めることが出来るんですよ。

まずセカンドサーブの前提として、ダブルフォルトは絶対にNGです。

硬式テニスのように速いサーブを打つならば話は変わってきますが、それでも硬式テニスのようにスピードが出にくいソフトテニスで、速いセカンドサーブを打つのはハイリスクローリーターンだと思います。

なので今日はスピードを上げるといったリスクを負わずに攻める方法をお教えします。

セカンドサーブで攻める方法とは?

どうしたらセカンドサーブで攻めることができるのか?
答えは「セカンドサーブ自体で攻めるのではなく、次のボールで攻める」ということです。

どういうことか?
後衛と前衛ではセカンドレシーブの後に取る行動が真逆ですね?

後衛はレシーブ後、少しでも早く後ろの定位置に戻ろうとし、前衛は少しでも早くネットにつこうとします。

そしてセカンドレシーブを打ってから、相手がそれぞれの定位置につくまで、相手のコートにはスキが生まれていることになりますね?

セカンドサーブで出来ることは「そのスキの生まれている時間を延ばすこと」、
つまり「セカンドレシーブを打つ位置から定位置までの距離を伸ばすこと」です。

具体的に説明すると、セカンドサーブは、

後衛レシーブ側では出来る限りネット寄りのセンターに、低めのアンダーカットサーブを打ちます。

前衛レシーブ側では出来るだけ深い位置のサイド側へ、上から打ちます。

理由はもうわかりますよね?
後衛にはセンター寄りの短くて浅いボールを、前衛には深いサイドへのボールをレシーブさせることで、定位置までの距離を伸ばし、スキのある時間を延ばすためです。

そうすることで後衛が後ろへ下がっているときに足下を攻めたり、逆に短いボールを打ち意表をつくこともできます。
前衛側でしたらネットへつこうとしている間にミドルを抜いたり、死角へ落としたりしても良いでしょう。

本来守りから始まるはずのセカンドサーブが、少しの工夫をすることで逆に攻めることが出来るのですから、是非この工夫は覚えておくべきですよ!

簡単ですよね、

後衛レシーブ側では出来る限りネット寄りのセンターに、低めのアンダーカットサーブを打つ。

前衛レシーブ側では出来るだけ深い位置のサイド側へ上から打つ。

たったこれだけの工夫なので、今までなんとなくセカンドサーブを打っていた方、明日から早速意識して練習してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも参考にさせてもらっています!
    とてもためになるお話をいつもありがとうございます!
    これからも応援しています!

  2. 後衛側への2ndカットをネットにできるだけ近いセンターに短くいれる…とありますが、それではスピードを殺したネットすれすれのカットレシーブを後衛前に角度をつけて返されるというリスクが大きすぎます。
    アジア選手権など、トップクラスの選手を見ていると、やはり圧倒的に深いサーブが多いですし…。
    時と場合、相手選手のレベルによるのではないでしょうか?

    • トップレベルの試合になればなるほど、短いカットレシーブはさほど通用しないため大きなリスクにはなりません。深いサービスが多いのは、容易にダブル前衛の陣形になってしまうのを防ぐためです!相手のレベルももちろんですが、それよりも「相手がどの陣形で戦いたいか」によって使い分けるべきですね!

  3. いつも拝見させてもらっています。
    とても参考になる記事が多くていつも勉強させてもらってます‼
    今年僕は高校生1年生になり、
    大会にも出れているのですが、
    今日の高校総体で負けてしまいました。
    高校生になって初めての大会ということで、
    緊張も勿論したのですが、とても悔しかったです。
    また、この記事を大分前に読み、
    セカンドサーブを後衛にはカット、
    前衛には上から打っていたのですが、
    今日先生から試合後、セカンドサーブを全てカットにしろと言われました。
    そっちの方がバウンドが低くなるからと。
    しかし、カットサーブだからと言って、
    バウンドが低くなるという確証は無いと思います。
    また、他の人たちはセカンドをカットに
    しているのですが、バウンドが高く、
    打ちやすいですが、そういう人達には
    何も言いません。
    納得がいかないのですが、それでもセカンドをカットに変えた方が良いのでしょうか?
    とても迷っています。

    • 上からのセカンドサービスがあまりにも遅かったり高かったりするのであれば変えるべきです。

      そうでないのであれば変える必要はないと思いますが、実際のサーブを見てみないことにはハッキリ言えませんね…。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)