ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

スライス回転を使いこなす

スライス回転を使いこなす

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、スライス回転を使いこなす方法についてお話しします。

普段使うことの少ないスライス回転ですが、以外と使える場面が多いんですよ!

スライス回転を使うタイミングは?

1つ目は王道ですが「時間を稼ぎたいとき」ですね。
例えばクロス展開で前衛がポーチボレーに出たはいいが先を通されてしまい、2人とも同じサイドでどっちがどっちに行ったらいいかパニックになっている、こんな経験ありませんか?

実際こういうときには後衛がストレートへロブを打ち、ストレート展開にしてしまえばいいのですが、そんな冷静になれないときもありますよね?

このようなときにスライス回転で楽に上にあげて時間を稼ぐんです。
他にもペアが転んでしまったときなどのハプニング時にも使えますしね。

しかし今日皆さんに紹介したいのはもう1つのスライス回転の使い方です。

それは「相手にあえてチャンスボールをあげる」という使い方です。
え?と思うかもしれませんが、これはポイントさえ守れば本当に有効な使い方です。

そのポイントとは、
「緊張している相手に、時間のあるスライス回転のボールを、少し離れたところへ明らかにわざと上げる」ということです。

なぜか?
まず明らかに緊張している選手=足が動いていない選手です。
そして足が動いていない選手はボールとの距離を正しく詰めることができません。

さらには普段あまり打つことがないスライス回転のボール、しかも明らかに相手はわざと上げてきているチャンスボールです。その上「時間のあるボール」ということで、ラケット操作の時間が無駄に確保されます。

緊張を高める要素としては充分過ぎますよね?もしやられたらかなり嫌じゃないですか?笑

正直、このスライス回転の使い方は性格が悪いというかタチが悪いです(笑)
もちろんリスクもありますしね。

そのため私は、相手のペアの片方が異常に強く、もう片方を完全に崩さなければ勝てる見込みがない、という場面でしか使わないようにしています。

例えば相手後衛はコートの4人の中で群を抜いて上手いが、相手の前衛はそうでもなく付け入る隙がある、という試合。
相手前衛のミスが続き、後衛ともギクシャクしだした場面。相手の前衛はよっぽど緊張しているはずです。

そして相手前衛のサーブだとしましょう。
サービスダッシュしてきた前衛の、ハイボレーがスマッシュか迷うくらいの少し離れた位置に、スライス回転でチャンスボールを明らかにわざと上げます。

メンタルがプレーに及ぼす大きさを考えれば当然なのですが、高確率でミスするんですよね。

そして相手前衛からすると、完全に自分が穴だと思われ狙われている、しかもチャンスボールを上げてきている、という心理から負の連鎖が起こるんです。

あとは同じような場面でこれを何度も繰り返し、簡単にポイントを取りつつ前衛が崩れるのを待つ、といった使い方ですね。

書いていてもやはりタチが悪い…(笑)
しかし勝負の世界ですから、強くない方を狙うことは鉄則ですよね!

皆さんも明らかに実力差のあるペアと戦うことがあれば、この少しタチの悪い戦術を試してみても良いかもしれないですよ!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月16日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)