ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

誰にでも出来るスマッシュのフォロー ソフトテニス【前衛ドットコム】

誰にでも出来るスマッシュのフォロー ソフトテニス【前衛ドットコム】

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はスマッシュのフォローについてお話しします。

よく大会の決勝・準決勝などで、相手のスマッシュを至近距離で返し、歓声が上がる場面を見たことがありませんか?確かにすごく見えるかもしれませんが、いくつかのポイントだけ押さえれば誰にでもスマッシュは返すことが出来ます。

今日はそのポイントを紹介していきますね。

スマッシュフォローのポイントとは?

1.下がりすぎずにとにかく見ること。
2.ラケットは両手で持ち裏面で返すこと。
3.バレーのレシーブのようなイメージで押し出すこと。

この3点です。まず始めに「下がりすぎずにとにかく見ること」これが1番大事です。

あなたが下がれば下がるほど、相手のスマッシュの打てる角度は広がり、正面でとれることが少なくなってしまいます。

ですから、下がるならばベースラインまで下がりきる。無理ならば、サービスラインより前で、とにかく相手のインパクトをよく「見る」ことが大事です。

ピンチだからといって慌てるのではなく、確実にきっちり返すぞ。という心持ちで、打ってくるのを待つことがスマッシュを返す上で1番重要になってきます。

次にラケットの使い方「両手で持ち裏面で返す」ですが、これは皆さんやれていると思います。

分からない方は、正面ボレーの構えからそのままラケットヘッドを真下に持って来ればそれで大丈夫です。

そのラケットの使い方はほとんどの方が出来ているのですが、実際スマッシュがとんできたときの使い方が間違っている人が多いんです。

多くの人はスマッシュがとんできたとき、力負けしないようにと上にラケットを上に振ってしまっているんです。

しかしそれだとスマッシュの勢いとラケットのスイングの勢いでボールが飛び過ぎてしまう上に、速いボールに対してラケットを振ってしまうため、ほとんどがチップや空振りになってしまいます。

そこで「バレーのレシーブのようなイメージで押し出す」ことがポイントになってきます。

バレーのサーブを返すレシーバーの人は、両手を組んで構え、その角度を変えないまま身体で上へボールを押し上げていますよね?それと同じなんです。

腕とラケットはほとんど動かさず、身体で勢いを吸収しつつ押し出すんです。これが出来るとスマッシュのフォローで返す場所までコントロールすることが出来ますよ。

今までスマッシュを返すのなんて無理だと考えていた方は考えを変えてみて下さい。もしそこからポイントをとれたら、流れが一気にこっちに向く場合もありますしね!

スマッシュのフォローは動体視力も重要になってきます。

私の教えている高校では動体視力を劇的に良くするトレーニングを行っているため、詳しく知りたい方は動体視力の最も簡単な鍛え方をご覧ください!

フォローを極めて、相手の後衛にとっても、そして相手の前衛にとっても、いやな前衛を目指してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)