ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ボールの「横回転」を活用する?

ボールの「横回転」を活用する?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は意外と意識したことがないと思いますが、ボールの横回転を活用する方法を紹介します。

普通スピンというと、ドライブかバックスピンを思い浮かべると思いますが、少し工夫をするだけで横回転にも様々な使い道があるんです。

今日はその打ち方と使い道についてお話ししていきますね!

横回転のボールの打ち方と活用法

まず打ち方ですが、横回転には2種類ありますね。
巻くように打つ右回転のボールと、球の内側を擦るように打つ左回転のボール

打ち方は割と簡単で、右回転のボールはラケットを完全に横面にし、球の外側を叩くようなイメージで打ちます。

逆に左回転のボールはラケットを縦面(ヘッドが上)に使い、球の内側を擦るイメージで打ちます。こちらの方が簡単だと思います。

そしてその使い方ですが、もちろんその回転での変化を生かして攻めます。ではどう生かすのか?
それはボールの変化とその変化に対する人の習性を生かすんです。

想像してみて下さい。相手が巻いたようなボールをあなたに打ってきたとします。

するとボールはバウンドした後あなたから離れていくことになりますね?
そのボールを流しの方向に上手く打てますか?

逆に相手がボールの内側を擦るような回転のボールを打ってきたとします。

ボールはバウンドした後あなたの体にせまってきますね?
そのボールを引っ張り方向に上手く打てますか?

両方とも打てない、もしくはかなり打ちづらいですよね?
それは原則としてどんな選手でも、ボールが来た方向へそのまま返す方が簡単だからです。

来た方向と別の方向へボールを打ち返すのは、難しい技術なんですね。
今回の横回転を生かす方法はこの原則を利用しています。

巻くような右回転のボールを打った後は、相手も引っ張り返してくる可能性が高く、逆にボールの内側を擦るような左回転のボールを打った後は、相手も流し返して来る可能性が高いということです。

この原則を覚えておけば、前衛は自分のレシーブから相手の打つコースをボールの回転で誘導し、そこへ取りにいったりと、点を取れるパターンが増えますし、相手の打つコースも大幅に予想しやすくなります。

今まで見落としがちだった人も多いと思います、「横の回転」。1度意識して練習してみてはどうですか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)