ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

フォアストレートボレーの引っ張り方

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はフォアストレートボレーの引っ張り方についてお話しします。

フォアストレートボレーは、ポーチボレーの中で恐らく1番怖く感じてしまうコースではないかと思います。私も始めはそうでしたからね。

しかし正しいボレーの仕方をきちんと知れば得意なコースになりますよ!

フォアストレートボレーの引っ張り方

まずなぜこのコースが怖く感じてしまうかですが、それは相手後衛のいないコース、つまりクロスに引っ張るコースへボレーしようとした場合、体の正面でボレーする必要があるからです。

それが怖いからといって遠くでボレーすると、チップやサイドアウト、もしくは相手の正面に飛んでいってしまいます。

つまりフォアストレートボレーが怖いと感じている方は、ボールの正面に入るところまでは出来ているため、ボレーできるまであと少しなんです。ではその少しとは何か、それは「ラケット操作」「走り抜ける意識」なんです。

まずラケット動作ですが、このコースに関しては、ラケットを「引く」という動作をゼロにします。普段通り前でラケットを構え、そこからさらに前へ押し出すんです。

つまり「前から前へ」ラケットを操作するんですね。
タイミングをとるために多少の引き動作は良しとしますが、それ以上の引く動作はラケットが遅れる原因、つまり引っ張ることができなくなってしまう原因になります。

そのため「前から前へ」この意識を持ってラケットを操作して下さい。

このラケット操作だとボールが飛ばないという人は、この記事「ポーチボレーは足で弾く?」を見て下さい。

次に「走り抜ける意識」ですが、これは恐怖心を取り除くための意識です。
ボールが怖いと感じるならば「手前によけるのではなく逆にボールを通り越してよける」くらいの気持ちで走ればいいという意味です。

それくらいしっかりと走れば、逆に来たボールにも手が出るということに気付けるはずです。足がついてくることでボレーの弾きも格段に良くなりますしね。

今までフォアストレートボレーが怖くて苦手だった方、今日話した2つのポイントを意識して練習し、克服できるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)