ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

サーブ 〜意外と知らないトスの基本〜

サーブ 〜意外と知らないトスの基本〜

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はリクエストが多かったので、ファーストサーブについての記事です。

その中でも今日はトスに特化して説明します。基本だけども意外と知られていないポイントや、細かい動きについてまとめてみました!

意外と知られていないトスの基本

トスで意識するのは主に4つ。「ボールの持ち方」「体重移動」「ボールを離すポイント」「トスの高さ」です。

まずボールの持ち方ですが、5本の指先でそっと触れるように優しく持ちます。持つというよりかは「指先に乗せる」感覚ですね。

次に体重移動。最初は前に体重を乗せて構えていますね?
そこから後ろ→前と体重を移すのですが、最後体重が前に乗ったときにボールを上に投げます。

そのボールを離すポイントですが、これは「自分の目の高さ」です。

そうするとトスが真っ直ぐ上に上がります。
それと腕は「ピンピンに伸ばし、両肩を結んだライン上」に沿って上げます。つまりトスは身体の真横で上げるということですね。これも基本なのですが、実際にやれている選手は少ないです。

そしてトスの高さ。「自分の身長の2倍」は上げましょう。低い選手が多いですが、それだとスイングがコンパクトになり、縮こまった打ち方になってしまいます。

以上4点をわかりやすくまとめると、
1.ボールは指先に乗せるように持つ。
2.体重が前に乗ってからトスを上げる。
3.腕は身体の真横へ伸ばして上げ、目の高さで離す。
4.トスの高さは身長の2倍がベスト。

どうですか?トスだけでここまで意識する必要があるんです。

しかしこの通りに毎回正確なトスを上げられるようになるだけで、サーブは7割以上の確率で入るようになると思うので「たかがトス、されどトス」と思い、皆さんも日頃からしっかりと練習して下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)