ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

足で飛ばす感覚を身に付ける練習法「片足ボレー」

足で飛ばす感覚を身に付ける練習法「片足ボレー」

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、ボレーを足で飛ばす感覚を身に付ける「片足ボレー」という練習法を紹介します。

ボレーを足で飛ばすということは以前「ポーチボレーは足で弾く?」という記事でお話しした通りです。読んでない方はまずそちらを読むことをお勧めします!

片足ボレー練習法

やり方は簡単です。
まずネットの前に片足で立ちます。

このときフォアボレーの練習ならば右足で立ち、ラケットもフォアボレーの構えで待ちます。
バックボレーの練習ならば左足で立ち、ラケットもバックボレーの構えで待ちます。

そしてボール出しのインパクトの瞬間くらいに、ひざをグッと曲げ、ボレーのインパクトの瞬間にひざを一気に伸ばします

最後は片足でつま先立ちになるくらいの勢いで伸ばしましょう。
やってみると、ボレーを足で飛ばしているという感覚が掴めるはずです。

このひざを曲げた状態から一気に伸ばす動作は、ポーチボレーの2歩目から3歩目を再現した動作です。

ポーチボレーの2歩目から3歩目の勢いが強ければ強いほどボレーの弾きは良くなるんです。
それを片足の曲げ伸ばしで再現しているんですね!

この片足ボレーで、足でボールを飛ばす感覚が身に付いたら実際にポーチボレーの練習に入りましょう。

このとき気を付けなければならない点が1つあります。

それは片足ボレーで上に伸びていた動作を横の動作に変えるということです。

つまりポーチボレーの2歩目から3歩目で空中にピョーンと跳ねてはいけないということです。
そうするとボレーが浮いてしまうだけでなく、頭の高さがぶれてしまうために目線もぶれ、チップや空振りが増えてしまうからです。

さらに横移動にすることで遠いボールにも届くようになり、守備範囲が広がることにも繋がります。

頭の高さを変えないよう、横へ大きく跳ねるイメージで行うと、ミスなく足でボレーを飛ばすことが出来ますよ!

腕だけでボレーしてしまう前衛の方、ボレーは足で飛ばすものです。
是非片足ボレーの練習をして、足でボールを飛ばす感覚を身に付けて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年8月19日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 僕はいつも飛び出すのが早く、相手の後衛に抜かれてしまいます。逆に遅くするとボールに追いつけません。
    ポーチに出るタイミングを教えてください
    よろしくお願いします

    • ポーチボレーに出る明確なタイミングとは?という過去記事を読んでみて下さい!詳しく書いてありますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)