ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ボレーは「腰」で押し出す?

ボレーは「腰」で押し出す?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、ボレー時の「腰」の使い方についてお話しします。

ソフトテニスをやるにあたって、腰を意識してプレーすることはあまりないと思いますが、ボレー時の腰の使い方、正確に言うと「位置」はとても重要です。

意識ひとつで大きくボレーが変わる可能性がありますからね!

ボレー時の「腰」の正しい使い方とは?

まずほとんどの前衛の人に共通しているのが「腰が足の真上に乗っていない」ということです。(ここでいう足は、両足を結んだ線の中心と考えて下さい)

わかりやすい言葉でいうと「腰が引けている」んですね。
そしてもう1つ「頭が腰の上に乗っていない」んですね。これも腰が引けている、もしくは上半身だけでボレーにいっていることが原因です。

本当は「頭」「腰」「足」は地面に対して垂直に一直線である必要があります。

理由は、腰が引けていると、身体の軸がぶれてしまうため全てのプレーでの回転運動がスムーズにいかないこと。そして上半身と下半身の動きが上手くリンクせず、効率的な身体の使い方が出来なくなってしまうからです。

少し難しい話になってしまいましたが、結局「腰」をどうすればいいのかというと、とにかく大袈裟なくらい「前へ突き出す」イメージでボレーをして下さい。腰でボールを押し出す感覚です。

大袈裟に腰を前へ出しても、身体より前へ出ることはありませんし、出しすぎはあまりにも不自然なので自分でわかるはずです。

そして腰を押し出すということは、つまり足も自然と前へ出ているということですね?
すると小さいラケット動作でボレーを弾くことが出来るんです。

たった1つの簡単な意識ですよね?「腰を前へ前へ押し出す」
たったこれだけで身体全体の動きが上手いことリンクし、前のめりで非効率的なボレーとおさらば出来るんです。

わかりにくい人は、ネットの白帯に向かっておなかを押し出しぶつけるようなイメージで前へ突き出してみて下さい。

全てのボレーに共通するコツなので、是非明日から意識して練習してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月21日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 最近ツバサさんの教えをもとにボレーをするとみるみるあたりがよくなっていっているのが体感できています!ありがとうございます。これからもどんどんよろしければお願いいたします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)