ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

ポーチで先を通された直後の対処法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、ポーチボレーに出たはいいけれど、先を通されてしまったときの対処法についてお話しします。

本来絶対に起きてはならないことですが、ドンピシャのタイミングを狙って動くと、先を通されてしまうこともありますよね?

私も稀ですがまだまだあります。ポイントが続いていてもだいぶ落ち込みますね(笑)
しかし本番では落ち込んでるヒマはありません(笑)

今日はそんなときの対処法を、前衛・後衛に分けて紹介します。

前衛

正クロス展開を想定して話していきます。
クロスボレーを追いかけ、先を通されたとしましょう。

するとコートの左側は空っぽになってしまいますね?

そこでほとんどの選手は慌ててダッシュで戻ろうとすると思いますが、それだとどこに打たれても取れません。

相手が打つ瞬間には、どんなポジションにいようが止まる必要があるんです。

つまり先を通された後、後衛が反対サイドに走れる状況でなければ、前衛は戻れるところまでまずダッシュで戻ります。

そして戻りきれなくても相手が打つ構えに入ったらその場で必ず止まります

そのとき反対サイドがガラ空きでも構いません。とにかく止まることが先決です。

では反対サイドはどのようにカバーするのか?単純な話です。
いつもよりワンテンポ、ツーテンポ早くポーチボレーに出ればいいんです。
普段より遠いバックストレートポーチボレーに出る気持ちで動くということですね。

早く動いた自分の姿を見て、相手後衛がクロスに打ってきても良しですし、そのままストレートボレーが成功すれば逆に儲けものですよね?

このように先を通されても、慌てずしっかり止まり、あえてばればれのモーションで誘うことで、その場を切り抜けることが出来るんです。

後衛

自分の前衛が正クロスのポーチボレーに出て先を通されたとき、後衛はどうするべきなのか?

これは簡単です。
ストレートへロブを打ち、前衛が戻らずともポジションにつけている状況を作り出せばいいのです。

自分の前衛がクロスボレーへ出たということは、つまりコートの右半分にいるということですよね?
そして後衛がストレートへロブを打つと、右ストレート展開になります。

前衛の戻る距離が少なくなるロブで前衛の戻る時間が増えるこの2つが重なることにより、前衛が先を通されても陣形を崩すことなくスムーズに次の展開へ移れるんです。

前衛の対処法も、後衛の対処法も全ての展開で共通して使えるものなので、覚えておくと本当に役に立ちますよ!

特にロブで前衛が楽なコースに持ち込む対処法は前衛からするとかなり助かるので、私たち前衛のためにも後衛の方は覚えておいて下さいね!笑

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年6月16日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 応援してます

  2. 最近、大会があったのですが、弱気になってしまって思い切ってポーチに出れず、センターライン付近でおどおどしてしまいます…どうすればよいでしょうか

    • 抜かれた後、その「抜かれたという事実を生かす」という考え方を身に付けると思いきってポーチに出れるようになります!
      過去記事にも書いてあるので参考にしてくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)