ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

テニスに特化した筋トレ法とは?

テニスに特化した筋トレ法とは?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はテニスに合った筋トレの方法についてお話しします。

以前筋トレについての記事「テニスに最も必要な筋肉とは?」を書きましたね。
そこでは「体幹」つまりインナーマッスルの大切さについて書きましたが、今回はその他の筋肉「アウターマッスル」の、テニスに合った鍛え方を紹介しますね!

テニスに合った筋肉とは?

まず筋肉の鍛え方はいくつもあり、筋肉を大きくするための鍛え方や、純粋に筋力を上げるための鍛え方、筋肉の持久力を高めるための鍛え方など他にもいくつかあります。その中でテニスに合った筋トレ方は「瞬発力を高めるための鍛え方」です。

テニスは筋力や持久力よりも、最初の1歩の瞬発力が大事になってくるスポーツです。前衛のポーチボレーなどはその典型的な例ですね。瞬発力がものすごい前衛だと相手が打ってから出ても取れる場合もあるくらいです。

ですからせっかく筋トレをするなら、余計な筋肉をつけるのではなく瞬発力に特化したトレーニングをしましょう。

ではどのようにトレーニングすれば瞬発力のある筋肉がつくのか。
ポイントは「とにかく速い動作で筋トレをする」これだけです。

あとは負荷と回数ですが、12〜20回を4〜6セット、セット間の休憩は2〜4分にしましょう。負荷の重さですが、これは設定が難しいので、20回が限界くらいの重さでやることをオススメします。

まとめると、20回が限界の重さで12〜20回×4〜6セット休憩は2〜4分ポイントはとにかく全速力で動かす。

そして出来る限り筋トレの後はタンパク質を摂取するようにしましょう。
鶏胸肉やササミなどが望ましいですが、運動直後に食べるのは難しいと思うので、プロテインをお勧めします。

私の教えている高校では筋トレ後には必ずバンデル ホエイプロテインを飲ませるようにしています。
良質なタンパク質が多く含まれているため、プロテイン選びで迷っている方はこちらのプロテインにしておけば間違い無いですよ!

以上のポイントを守り筋トレをすることで、テニスに合った筋肉、つまり瞬発力の高い筋肉を身に付けることが出来ますよ!

今までなんとなく筋トレをしていた方、どうせならテニスに生かせる筋肉をつけ、プレーの向上を目指しましょう!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月6日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. フォアのハイボレーが上手くできません(¯―¯٥)
    ハイボレーをするときのコツや打つべきコースが知りたいです。

    • フォアのハイボレーはひじを固定し、ひじから先だけを振るようにしてインパクトしてください。
      インパクトの後はラケットをピタッと止めることも大切です。

      コースは状況に応じて相手のいないコースに打ち分ける必要がありますよ!

  2. 僕はいつも飛び出すのが早すぎるようで、逆をつかれやすく、かといって遅くするとボールに届きません
    飛び出すタイミングを教えてください
    効果的なフェイントの仕方なども教えてください
    よろしくお願いします

    • 過去記事に2つとも書いてあるので、是非参考にしてみて下さい!
      ボレーのカテゴリからすぐに見つかると思いますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)