ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

手首と握力の重要性とトレーニング法

手首と握力の重要性とトレーニング法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、手首と握力の重要性とトレーニング法についてお話しします。

手首と握力が重要な理由は?

まずこの2つの力が最も必要なのは「ボレー」です。
全てのプレーにもちろん影響しますが、ボレーは特に顕著に影響してきます。

なぜか?
詳しい理由はこの記事『全てのボレーのコツ「ゆるみ」とは?』に書いてあるのですが、一言で説明すると「ボレーはグリップを握る動作のみで弾く」からです。

他のプレーのようにラケットを引いたり、押したり、振ったりしません。

「握る」動作のみで充分であり、それ以上の動作を加えると速いボールに間に合わなくなります。

そのためボレー時の唯一の動作「握る」ことに直結する「握力」とそれを支える「手首の力」が重要になってくるんですね。

この2つを鍛えることで、他の部分の筋力があまりない選手でも、ほんの小さな動作でとんでもなく弾くボレーを打つことが出来ますよ!

握力と手首の鍛え方

では本題の鍛え方ですが、1番効率的に、早く、ケガなく鍛えることの出来る方法は「リストボール」という器具を使うことです。

こういったものですね。
リストボール

サイトに説明は書いてあると思いますが、中のボールを回転させ、その回転に同調させるように本体を握ったまま手首をローリングさせて使います。

その回転の遠心力を抑え込むことで、ボレーに必要な筋肉を鍛えることが出来るんです。
手首と握力だけでなく、前腕部や指の筋肉まで鍛えることが出来るので、テニスには最適なトレーニング器具ですよね。

私の高校ではひとりひとつリストボールが配られ、家や寮でテレビを見ながらでも常に回しておけと監督に言われ、みんなやっていました。このおかげで高校時代の右手の握力はみんな70近くありましたね(笑)

私自身これで鍛えていたため、他のトレーニング法についてはあまり詳しくないのですが、握力でしたらあの定番の握る器具を使ったり、手首であったら手首から下を固定し、手首のみでダンベルを上げ下げしたりすれば確実に鍛えられると思います。

しかしリストボールのように同時に握力と手首、そして360度均等に筋力をつけることは難しいと思うので、私はリストボールをおすすめします。

恐らく今でも普通のスポーツ用品店で売っているとは思いますが、なかなか値段もします(笑)

そのため楽天で、安い割に評価の高いリストボールのリンクを貼っておいたので、もし欲しいという方がいたらどうぞ!

リストボール 楽天

恐らく今まで手首や握力のトレーニングは見落としていた方も多いのではないでしょうか?

これらの筋肉は身体の大きい筋肉と比べ、すぐつく部分なので、結果が出るのが早いです。
なかなかボレーに勢いが出ず死んでしまう…という方も、もしかすると手首と握力の力不足の可能性も充分にあるので、これを機に一度見直してみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月28日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)