ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

前衛必見!ポジションを早くとるための最大の秘訣とは?

前衛必見!ポジションを早くとるための最大の秘訣とは?

「ポジションを早くとるためにはどうしたらいいですか?」

前衛の方から最も聞かれる質問のうちのひとつです。

よくポジション取りを早くするために、左右のフットワークを鍛えたりする選手がいますが、正直効果はあまりないと思います。

実はポジションを早くとるためには「たったひとつのこと」を意識するだけでいいんです!

全国で活躍しているレベルの前衛は自然と意識していることなのですが、それを伝えられる指導者が少ないんですよね…。

そこで今回はポジションを早くとるための最大の秘訣を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ポジションを早くとる秘訣

それは相手後衛の打つコースを予測する前に、まず「自分の後衛の打つコースを予測する」ということです。

なぜ?と思うかもしれませんが「相手後衛が動く位置=自分の後衛が打ったボールの位置」ですよね?

つまり自分の後衛の打つコースが完璧にわかれば、極論ですが相手後衛が動く前にポジションにつけてしまうわけです。

さすがに予測が外れた場合のリスクが大きすぎるので、事前に動くことはしませんが、

(ストレートロブを打ちそうな感じがするから、ポジション移動の準備をしておこう)

(相手前衛にアタックを打ちそうだから、フォローの準備もしておこう)

といったように、ある程度の予測を立てておくことで、ポジション取りはもちろん、フォローの反応なども確実に早くなります。

そのため自分の後衛が打つ前には必ずどのコースに打つか予測し、次の自分の動きをあらかじめ決めておくことが大切なんです。

何人かの後衛と組んできた方なら分かると思いますが、

・なんとなく組みやすい後衛
・なぜか分からないけど組みにくい後衛

この両者の差を感じたことはありませんか?

それは実は「自分のテニスの感覚と似ているかどうか」で決まってくるんです。

自分と同じ配球の感覚をもった後衛と組むと(なんとなくこのコースに打ちそうだな)と感覚でわかるため、次のポジションをスムーズにとることができます。

しかし自分とテニスの感覚が異なる後衛と組むと、コンマ数秒(あ、そっちか…!)という時間がどうしても生まれてしまうため、前衛は(頑張ってポジションにつかなきゃ!)という状態になってしまいます。

その結果、次のボールに絡むことができなくなり、なんか組みにくいな…と感じてしまうんですね。

そうならないためにも、意識的に自分の後衛の打つコースを予測することが、ポジション取りにおいて重要となってくるんです!

日頃から自分の後衛が得意なコースや好きな展開、球種など、プレースタイルをしっかりと把握しておくことが必要不可欠ですね。

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ポジションを早くとる秘訣=自分の後衛の打つコースを予測すること。

②その理由は、相手後衛が動く位置=自分の後衛が打ったボールの位置だから。

③自分の後衛の打つコースを予測することで、フォローの反応なども確実に早くなる。

④組みやすい後衛かどうかは、自分のテニスの感覚と似ているかどうかで決まってくる。

⑤日頃から自分の後衛のプレースタイルを把握しておくことが必要不可欠。

といった感じですね!
こちらの記事でも紹介しましたが、後衛のことを思って動くことは本当に大切です。

自分の後衛の癖やメンタルもしっかりと把握して、素早くポジション取りができる前衛になってくださいね!

ポジション取りに関する記事はこちらからご覧下さい。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

(最終更新:2017年12月7日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)