ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

トスの高さや持ち方は?サーブのトスで意識するべき4つのポイント

トスの高さや持ち方は?サーブのトスで意識するべき4つのポイント

サーブの始まりであるトス。

トスを正確に上げることができないと、サーブのフォームが毎回バラバラになってしまいます。

安定したサーブを打つためには、同じポイントに必ずトスアップできる、正確なコントロールが必要になってくるんです。

そこで今回はサーブのトスで意識するべき4つのポイントを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

トスで意識するべきポイント

⑴ボールの持ち方

まずボールの持ち方ですが、5本の指先にボールをそっと乗せるように優しく持ちます。

ボールをぎゅっと握ってしまうと、安定して同じ位置に上げることができないので絶対にやめましょう。

逆さにしたらボールが落ちてしまうくらい、優しく乗せるように持ってくださいね!

⑵体重移動

次に意外と軽視されがちな体重移動です。

最初は前の足(右利きの場合は左足)に体重を乗せて構えます。

そして一旦後ろ足に体重を移し、その後もう一度前に重心を移動させるのですが、その瞬間にトスを上げるんです。

つまり、
前→後ろ→前
     
この赤の矢印のタイミングでトスを上げるということです。

体重が後ろから前に乗った瞬間にトスを上げ始めるということですね!

⑶ボールを離すポイント

トスアップでボールを離すポイントは「自分の目の高さ」くらいがベストです。

腕をまっすぐに伸ばし、目の高さでボールを離すことで、トスが自然と真上に上がるからです。

またトスを上げる腕は両肩を結んだ直線上、つまり身体の真横に伸ばすようにしましょう!

⑷トスの高さ

最後にトスの高さですが「自分の身長の2倍程度」の高さがベストです。

トスが低すぎるとタメをつくることができず、スピードのあるサーブを打つことができないからです。

逆に高すぎるトスもNGです。

風の影響を受けやすく、ボールの落下速度も速くなってしまうため、インパクトが難しくなってしまうからです。

そのため最初は自分の身長の2倍の高さを目安に、トスアップの練習をしてみましょう!

まとめ

今回の内容をまとめると、

【トスで意識するべきポイント】
⑴ボールは指先に乗せるような感覚で持つ。
⑵体重が後ろから前に乗った瞬間にトスを上げる。
⑶腕は身体の真横へ伸ばし、目の高さでボールを離す。
⑷トスの高さは身長の2倍がベスト。

といった感じですね!

サーブの始まりであるトスだけで、ここまで意識する必要があるんです。

しかし正確なトスアップを身に付けるだけで、サーブの確率はグンと良くなります。

ボールさえあればトスはどこでも練習できるので、空いた時間があればどんどん練習するようにしましょう!

サーブに関する記事はこちらからご覧ください。
最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ソフトテニス好き

    トスを上げるときにボールに回転がかかってしまうんですがなにを意識すればいいですかね?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)