ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

変なポジショニングでピンチをチャンスに?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!

今回は私が試合でよく使う、ピンチをチャンスに変えるポジショニングを紹介します。

では早速ですが、前衛にとって一番のピンチ…。
それは相手後衛に至近距離で打たれるトップ打ちですよね?

ソフトテニスを長年している私でも未だにあれは怖いです(笑)
しかし実は至近距離のトップ打ちでも、打球がどこに来るのか分かればそこまで怖くないんです。

ボールが怖いと感じる一番の要因は、自分の右に来るのか、左に来るのか、正面に来るのか、それが分からず受け身になってしまうからなんですね。

しかし!このポジショニングを使うことで、なんとその選択肢を一択にすることができます。
一体どうするのか、説明するよりもこの画像を見て下さい。

変なポジショニングでピンチをチャンスに

court1
Aが相手後衛、Bがあなたです。
なんでこんなに端の方にポジションを取るの?と思った方、これでいいんです。笑

それはなぜか?
逆の立場に立って考えてみましょう。

もしあなたがAの位置にいる後衛だったならどこに打ちますか?

Bの左か正面?確実にアウトですよね?
ならばクロス?後衛に取られてしまう確率が高いですよね?

つまり後衛は誘われているとわかっていても、本能として無意識的に空いているところ、
court2
つまりこの☆のコースに打ちたくなる生き物なんです!

そしてBの位置にいるあなたは、その打球を一歩でラケットを伸ばしてボレーしにいきます。
もし上手く決まれば、してやったりですよね?笑

だけど至近距離から打たれるトップ打ちをそんなに簡単に取れるの?と思ったあなた、別に取れなくてもいいんです。

なぜならトップ打ちを取れなかったとしても、あらかじめ自分の後衛に「チャンスボールはセンターに誘うからフォローよろしく」と伝えておけば、後衛も拾える確率がグンと上がるからです。

このように一見ありえないポジショニングですが、工夫次第でチャンスにも守備力向上にも繋がるんです!

ただ一試合に何回も使うのは厳しいのと、一定以上のレベルになるとこういった付け焼刃の技は全くもって使えないどころか、逆効果になってしまうこともあるので注意してくださいね。

県大会レベル程度の試合でなら全然使えるポジショニングですので、戦略の一つとして持っておいても良いと思いますよ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方。SNSで拡散してもらえると励みになります!
ツバサでした!!

関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2017年4月4日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)