ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

チャンスボールの見逃しを無くす練習法

チャンスボールの見逃しを無くす練習法

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、チャンスボールの見逃しを無くすための練習法を紹介します。

自分の後衛がいいボールを連続して打っているのに、上がってきたチャンスボールを何度も見逃してしまう、そんな経験ありませんか?

今日はそんなチャンスを逃さないようにするための練習法について紹介します。

前衛最短育成理論のバナー

チャンスボールを見逃してしまう原因と解決策

まず後衛が攻めた次のチャンスボールを見逃してしまう原因ですが、大きく分けて2つあります。

1つ目は「広く張っていない」ということ。
自分の後衛が攻めて、明らかに相手は上げるしかないのにも関わらず、いつものように1つのコースに絞って待っている、こういった前衛はチャンスボールを見逃してしまいます。

後衛が攻めた後は、半歩下がり、コート全体を自分の守備範囲と思うくらいの気持ちで広く張りましょう。

そしてもう1つの原因、こちらが今日のメイン、そしてチャンスボールを見逃してしまう1番の原因です。

それは「相手がチャンスボールを上げた後に追いかけても間に合わない」と思い込んでいるからなんです。
この思い込みはほとんどの前衛にあると思います。

相手がシュートボールを打ったのを見てからポーチに出てボレーしようとするのは当然無茶です。
届く選手ももちろんいますが、それはごく一部のトップ前衛のみでしょう。

しかし相手がやっとのことで上げたチャンスボールだったら?
あなたの全力疾走よりも明らかに遅いのに加えて、スタート位置もあなたの方が有利なのですから届かないわけがありませんね?

しかしそれでも届かないととっさに判断してしまうのは、普段そのような練習をしていないからです。

なので今日は「相手がチャンスボールを上げてから追いかけても間に合う」ということを身体で覚えることのできる練習法を紹介します。

練習法といっても普段のスマッシュ練習に少し工夫をするだけですけどね。
球出しは普段と同じようにチャンスボールを上げます。工夫するのは前衛です。

球出しがチャンスボールを上げる前、前衛はネットの白帯にお腹をつけるくらい密着して待ちます。

そして球出しがチャンスボールを上げる直前後ろに半歩ほど下がります。
これはさっき話した「広く張る」という意識を身体で覚えさせるためです。

しかしそのときはまだ後ろに下がってはいけません。
半歩下がるだけで止まります。

そして球出しがチャンスボールを上げたのを確認したら、ラケットで白帯を軽く2回叩いた後、後ろへ追いかけスマッシュをするのです。

そんなの間に合うわけない、と思ったあなた、典型的な「相手がチャンスボールを上げた後に追いかけても間に合わない」と思い込んでいる人ですね(笑)

やってみるとわかりますが、間に合うんです。しっかりと叩けるんです。

さらに実際の試合では、白帯にお腹をつけて待つなんてことはないし、白帯を2回叩くなんてことはしないので、練習よりももっと楽にチャンスボールを追いかけて叩くことができます。

この練習で何より大事なのは、技術の向上ではありません。
何度も言いますが「相手がチャンスボールを上げてから追いかけても間に合う」ということを身体で覚えるのが目的です。

この意識が身に付けば、後衛が攻めた次のボールをあなたが決められる確率は飛躍的に上がります。

今までチャンスボールを簡単に見逃し、後衛に迷惑をかけてしまっていた方、この練習法を実践し、後衛のことを助けることができる前衛になって下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月13日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)