ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

「横回転」するボールの打ち方と活用方法とは?

「横回転」するボールの打ち方と活用方法とは?

ソフトテニスをしている多くの人は「回転」といえば、

・ドライブ
・バックスピン

この2つを思い浮かべると思います。

しかし実はボールの「横回転」も、使い方次第で活用することができるんです。

そこで今回はボールの横回転の打ち方と、それを活用する方法を紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

横回転のボールの打ち方

まず横回転には、

・球の外側から巻くように打つ、反時計回りに回転するボール

・球の内側を擦るように打つ、時計回りに回転するボール

この2種類がありますが、どちらも打ち方は簡単で、

反時計回りに回転するボールラケットを完全に横面にし、球の外側を叩くイメージ

時計回りに回転するボールラケットを縦面(ヘッドが上)にし、球の内側を擦るイメージ

このイメージだけで打つことが可能です。

(どうしてもドライブ回転はかかってしまうので、正確には横回転ではなく「斜めに回転」するボールになります。)

横回転のボールの活用方法

横回転のボールを意図的に生かすのは少し難しいので、しっかりと想像しながら読んでください。

(相手がフォアハンドで打つことを想定して説明します。)

①球の外側から巻くように打つ、反時計回りに回転するボール。

このボールを打った場合、バウンド後、そのボールは相手からわずかに離れていくことになります。

②球の内側を擦るように打つ、時計回りに回転するボール。

このボールを打った場合、バウンド後、そのボールは相手にわずかに近づいていくことになります。

①と②のバウンド後の変化が、相手にどんな影響を与えるかわかりますか?

それは「打ちやすいコースが自然と決まってしまう」ということです。

逆の立場になって想像してみてください。

相手が①の「球の外側から巻くように打つ、反時計回りに回転するボール」を打ってきたとします。

するとボールはバウンドした後、あなたから離れていきます。

そのボールを流しの方向に上手く打てますか?

逆に相手が②の「球の内側を擦るように打つ、時計回りに回転するボール」を打ってきたとします。

するとボールはバウンドした後、あなたに近づいていきます。

そのボールを引っ張りの方向に上手く打てますか?

どちらもかなり打ちづらいことが想像できると思います。

それは基本的にどんな選手でも、ボールが飛んできた方向へそのまま打ち返す方が簡単だからです。

ボールが飛んできた方向と別の方向へボールを打ち返すのは難しい技術で、今回の横回転を生かす方法はこの原則を利用しています。

つまり引っ張りに打たせたい場合は①のボールを、流しに打たせたい場合は②のボールを打つことで、相手の打つコースを誘導できるということです!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①横回転のボールには「球の外側から巻くように打つ、反時計回りに回転するボール」と「球の内側を擦るように打つ、時計回りに回転するボール」の2種類がある。

②反時計回りに回転するボール=ラケットを完全に横面にし、球の外側を叩くイメージで打つ。

③時計回りに回転するボール=ラケットを縦面(ヘッドが上)にし、球の内側を擦るイメージで打つ。

④横回転のボールは、バウンド後の変化を利用して、相手の打つコースを誘導することができる。

といった感じですね!

横回転のボールを意図して活用するのは難しいです。

しかし相手の打つコースを大幅に予想しやすくなることは間違いないですし、前衛のセカンドレシーブからコースを誘導することも可能です。

さらにレベルアップしたい方は「横の回転」も意識してみてはいかがでしょうか?

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 右回転というのは、普通にカットサーブを打った時の回転ですか?

    • カットサーブはボールの内側をこするので、カットサーブとは反対の回転のことです!

LEAVE A REPLY TO ツバサ CANCEL REPLY

*
*
* (公開されません)