ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

相手のコースを「打点」から予測する

相手のコースを「打点」から予測する

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回から定期的に、後衛のコースを予測することが出来る「要素」をひとつずつ紹介していきたいと思います。

「どうすれば後衛の打つコースを予測出来ますか?」という質問がよくきますが、予測するためのポイントなんて正直多すぎて答えきれません(笑)

そのため定期的にひとつずつ丁寧に紹介していくことにしました!

今回は後衛の「打点のみ」でコースをある程度絞ることが出来る方法についてお話しします。

前衛最短育成理論のバナー

打点でコースを予測する

どのようにして打点のみでコースを絞ることが出来るのか?

まず大前提として「打点が前だと引っ張りに」「打点が後ろだと流しに」ボールが飛んでいくことはわかりますね?(右利きの場合)

正直これは当然のことなのですが、これすらも考慮していない前衛が多いのが現状です。

しかしこの打点の前後のみでコースが予測できるかというとそれは厳しいです。

なぜなら相手がスイングし始めなければ、打点が前か後ろかわからないからです。
どちらかわかった時点でそこから動いてもさすがに間に合いませんからね(笑)

ではどうするのかというと、相手の打点の前後ではなく「身体の前後」を利用するんです。

簡単に言うと「相手が前に動いてボールを打ったか、後ろに動いてボールを打ったか」で判断するんです。

どういうことか?
実際にテニスをしているときを想像するとわかると思いますが「前に動いて打点を後ろにして打つ」反対に「後ろに動いて打点を前にして打つ」どちらにせよ意識的に打たない限りは打つことはないですよね?

これは本能的に「コートにボールが落ちる前に出来るだけ早く打たなければ」という心理でそうなってしまうんです。

そのため前にボールを迎えにいって打つときは打点が前になり、後ろのボールを下がって打つときは打点が後ろになるんです。

そして最初に話した大前提「打点が前だと引っ張りに」、「打点が後ろだと流しに」ボールが飛んでいくという先ほどの話と繋げると「前に出て打つときは引っ張りに」「後ろに下がって打つときは流しに」ボールが飛んできやすいということになりますよね?

これは必ずというわけではありません。
あくまでそちらに打つ可能性が高いというだけなので、あとは自ら打ちやすい方向へあえて誘導して追いかける。

または打ちやすい方向を先に塞いでしまい相手のミスを誘う、など工夫が必要です。

前衛はこのような一般的な傾向をいくつも覚え、それをどのように活用出来るかが重要なんですね。
今日はその中の傾向の1つを紹介しました。

他にもこういった傾向は無数にあるので、自分に合った傾向を見つけ、それを利用して後衛のコースを読めるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年6月5日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)