ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

マッチポイントで勝ちきるための具体的な方法とは?

マッチポイントで勝ちきるための具体的な方法とは?

マッチポイントを何度も握ったのに勝ちきれず、最終的に逆転負け…なんて非常に悔しい試合、ソフトテニス経験者なら誰もが一度はありますよね。

私自身そのような経験は何度もありますし、他の選手の試合を見ていてもマッチポイントを握ってからそのまま1本でスッと勝つことは少ないです。

勝ちが目の前に見えているのに、みすみす逃してしまうなんて本当にもったいない!

そこで今回はマッチポイントを握ってから、なぜ勝ちきることができないのか、その原因と「勝ち切るための具体的な方法」を紹介します!

前衛最短育成理論のバナー

マッチポイントで勝ちきれない原因とは?

マッチポイントで勝ちきれない原因は様々ですが、それらを全てまとめると結局ひとつの答えにたどり着きます。

それは「テニスが変わってしまう」ということです。

試合内容にもよりますが、ほとんどの場合が
マッチポイントを握った相手より優位に試合を進めてこれた

ということになります。
つまりそのままのプレースタイルでいけば、高い確率で勝ちきることができるはずなんです。

しかし言葉で言うのは簡単なのですが、実はこのテニスを変えないということは非常に難しいことなんです。

それはなぜか?
理由は単純「マッチポイントの特別感」です。

これは意識しないように心がけていても、大事な試合になればなるほど感じてしまうものです。

そうなると慎重になりすぎたり、逆に大胆に攻めすぎたり、今までのテニスを変えてしまうんですね。

さらに当然ですがマッチポイントを握られた相手もテニスを変えてきますから、自分達の意識だけではどうにもならないこともあります。

そしてテニスが変わるとどうなるか?
それまで上手く噛み合ってたものが崩れ、流れが変わってしまうんです。

つまりマッチポイントは勝ちきれなかった後に逆転されるリスクが高い上に、簡単に点が取れない難しい場面ということになります。

それではマッチポイントではどのようにプレーするのがベストなのか? 私が長年実際にプレーしてきて、最も勝率の高い方法を紹介します!

マッチポイントで勝ちきるための具体的な方法

マッチポイントで慌てずに勝ちきるためには、事前に戦い方を決めておくことが大切です。

そしてマッチポイントで最も勝ちきることができる確率が高いプレー…。

それは「徹底的にセンターにシュートボールを打ち続ける」ことなんです。

一体なぜか?
まず前提として、センターへの攻撃は「センターセオリー」と言われるくらい効果的です。

センターを有効に使う攻め方

この記事にもありますが、センターにボールを打つことで相手は角度のついた攻めのショットが打てない上に、こちらの前衛は駆け引きがしやすく、大きく動くことなく簡単にボレーやスマッシュで得点することができるからです。

しかし前衛がネット前についているダブルスでは、本来センターにボールを集めることは難しいはずですよね?

それなのにも関わらず、無防備にセンターにシュートボールを打ち続けてもいいのか?

実はマッチポイントなら大丈夫なんです。

理由は単純、あと1点取られたら負ける状況でわざわざセンターを狙いにいく前衛はいないからです。

大抵の前衛が抜かれないように自分のサイドを固めるか、逆に思い切りよくポーチボレーに出てくるかのどちらかなんですよね。

つまり普段はハイリスク・ハイリターンなセンターへの攻撃が、マッチポイントではローリスク・ハイリターンで実行できるということです。

簡単ですよね?
後衛は相手のセンターにシュートボールを集め、前衛はそのリターンを1歩でボレーするかスマッシュで決める。

戦術としてもわかりやすいですし、決まる確率も非常に高いです。

「徹底的にセンターにシュートボールを打ち続ける」

単純かつ効果的な方法なので、今までマッチポイントで勝ちきれずに悩んでいた方はぜひ試してみて下さい。

マッチポイントからスムーズに勝てる確率がグンと上がるはずですよ!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] トで勝ちきるための具体的な方法– 前衛ドットコム(2017/6/23更新)http://softtennis-zenei.com/mentality/match-point/今回はマッチポイントを握ってから、なぜ勝ちきることができないのか、 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)