ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

プロテニスプレイヤー「ジョコビッチ」から学ぶテニスで大切なこと

プロテニスプレイヤー「ジョコビッチ」から学ぶテニスで大切なこと

ソフトテニス部の方でも、硬式テニスのプロ「ジョコビッチ」選手のことはご存知ですよね。

先日のウィンブルドンでも優勝した、世界最高のプロテニスプレイヤーです。

硬式テニスとソフトテニスは異なる部分も多いですが、根本的な部分は同じだと私は思っています。

そこで今回はジョコビッチ選手から学ぶ、テニスで大切なことを紹介していきたいと思います!

前衛最短育成理論のバナー

ジョコビッチの強みとは?

ジョコビッチ選手のプレーを見ていて感じたことは、いい意味で「普通」だということ。

フェデラーの多彩で鮮やかなショットや、ナダルの強烈すぎるスピンなど、派手なプレーはあまり見られなかったからです。

それでもジョコビッチは世界ランク1位。

その理由は恐らく「究極のオールラウンダー」だからです。

なにか特別なものがあるわけではなく、逆に弱点も目立たない。

しかし全てのプレーの質が、ひとつひとつ本当に高いです。

技術だけでなく、体力、柔軟性、メンタル面なども完璧といっていいレベルで、安定した精密機械のようなプレーをします。

つまりジョコビッチのプレースタイルから何が言いたいかというと、テニスで大切なのは「バランス」だということです。

ソフトテニスをやっている学生でよく見かけるのが、正確で力強いフォアハンドを持っているのに、バックハンドはからきしダメで、まともにロブも打てない選手。

前衛でもスマッシュは得意、しかしローボレーが全く返らない選手。

このようなプレーにムラがある選手が、試合で勝ち続けることは難しいです。

自分だけの武器を身に付けることも大切ですが、それは全てのプレーのレベルが一定以上を越えてからです。

試合では苦手な部分が狙われますからね!

まとめ

今回の内容をまとめると、

①ジョコビッチ選手が強い理由は「究極のオールラウンダー」だから。

②ジョコビッチのプレースタイルから、テニスで大切なのは「バランス」だとわかる。

③プレーにムラがある選手が、試合で勝ち続けることは難しい。

④自分だけの武器を身に付けることも大切、しかしそれは全てのプレーのレベルが一定以上を越えてから。

といった感じですね!

今まで苦手なプレーから目を背け、得意なプレーばかり練習していた方。

自分の得意なプレーを生かすためにも、まずは苦手を克服しましょう。

そしてジョコビッチのような、オールラウンドプレイヤーを目指して下さいね!

最後までありがとうございました。
SNSで拡散してもらえると嬉しいです!

関連記事は下からご覧下さい。
ツバサでした!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)