ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

単純で有効なダブル前衛対策

単純で有効なダブル前衛対策

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回は前回の記事のダブル後衛対策に続いて、ダブル前衛対策についてお話しします。

今日本のトップクラスの選手達の間では、ダブル前衛が最も強い陣形とされています。

確かにそれは否定できないのですが、相当レベルの高い2人が組まない限り、確実に雁行陣よりもハイリスクな陣形なので、ポイントだけ押さえれば互角以上に戦えると思います。

前衛最短育成理論のバナー

ダブル前衛の対策法

まずダブル前衛と戦うときのパターンは2つあります。

1つは普通に雁行陣の形で、後衛が相手の足元に打ち、返ってきたローボレーを前衛が叩くという戦い方。

もう1つは、前衛も後ろに下がり、ダブル後衛をして相手がボレーやスマッシュをミスするまで粘るという戦い方。

これは相手のタイプによって使い分けましょう。相手がきっちりローボレーを返してくるタイプならば、前衛は前に立ちローボレーを叩くべきです。

逆に多少リスクを犯してでも決めに来るタイプのダブル前衛ならば、前衛も後ろに下がりダブル後衛として戦うのが得策です。

次にどこにボールを打つか、です。

これは基本的にはセンターに打ちます。2人のど真ん中が1番いいです。
それはセンターをぶち抜いてやるという目的ではなく、相手に一瞬でも「どちらが打つか迷わせる」ことが目的です。

迷いが生じた後のボレーでは決めにくることはなく、繋いでくることが多いからです。なので速い球は必要ありません。速さより、「より2人のど真ん中に、どれだけ低いボールを安定して打ち続けることが出来るか」これが大事です。

ど真ん中に低いボールを打ち続けることで、相手がお見合いして点に繋がる可能性も高まりますし、相手の意識がセンターへ、そして前へ前へと集まることで、最後に打つサイドへの決め球や、中ロブが有効になるからです。

さらに同じところに打ち続けることで、前衛はポジションを変えることなく、センターから毎球ローボレーを叩きにいけますからね!

チャンスでもないときに下手にサイドに打つのは、リスクが高いだけでなく、相手のボレーできる範囲が広がってしまうだけなので気を付けましょう。

相手の意識がセンターに寄ってきた、もしくはチャンスのときにはもちろんサイドにパッシングで攻めて下さい。メリハリが大事です。

肝心の短いボールの打ち方は短いボールを有効に使うこの記事を参考にして下さい。

長々と説明してしまったのでポイントをまとめると、、

・雁行陣で戦う、もしくはダブル後衛で戦う。

・打つ位置は2人のど真ん中。ある程度の速さでいいので、とにかく低いボールを打つ。

・前衛は前に立つならセンターに立ちローボレーを叩く。

・後衛はチャンスのときは積極的にサイドへパッシングを打つ。それまではセンターへ我慢して打ち続ける。

というのがダブル前衛と戦う時の基本です。これをやっても上手くいかないときは、1本とにかく高いロブを上げて、リズムを変えてみるのも有効ですよ。

体勢も整えられますし、運が良ければ相手のリズムを崩すことも出来ますからね!これからダブル前衛と戦う機会は多くなってくると思うので、参考にして貰えると嬉しいです!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)