ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

「動画」で上達速度が劇的に変わる?

「動画」で上達速度が劇的に変わる?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「動画」を有効に使い、上達速度を上げる方法についてお話しします。

前衛最短育成理論のバナー

動画で上達速度を上げる方法

動画で上達速度を上げる方法といっても、大したことをするわけではありません。
単純に自分のプレーを動画に収め、目標とする選手のフォームと何が違うか、見比べて修正するのです。

そんなの自分のフォームを見なくても出来る!と思うかもしれませんが、想像している自分のフォームと、実際の自分のフォームは思っているものと大きく異なります。

実際に私自身、初めて動画で自分のフォームを撮影した際、自分のあまりにも独特すぎるフォームにショックを受けた経験があります(笑)

「自分のフォームを客観的に見て、理想のフォームへと修正する」これが動画の基本的な使い方です。

他の動画の使い方としておすすめなのは、自分の「調子がいいとき」「調子が悪いとき」にプレーする姿を撮ってもらい、それぞれのときの特徴を覚えておく、という使い方です。

これでもし自分の調子によるプレーの違いを完璧に把握できれば、調子の良し悪しをコントロールすることだって出来ますからね。(極論ですが笑)

今日は普段に比べて少し当たり前のことを書いてしまいましたが、とにかく皆さんの練習に動画を取り入れて欲しくてこの記事を書きました。

監督やコーチの前で動画を撮影するのが難しい方ももちろんいると思うので、友達と自主練をするときに少しでもいいので取り入れてみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月20日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 最近見始めました。とても参考になります!
    ところで、最近困ったことがあります。サーブについてです。
    自分は今高校1年です。中学までイースタングリップで打っていました。確率はまあまあです。(ファーストです)しかし、高校に入り、先輩やコーチにイースタンだとサービスダッシュの時にグリップを持ちかえるのがタイムロスだと言われ、ウエスタンにしましたが入らないのでセミイースタンにしました。
    やっぱ、サービスダッシュはした方がいいのでしょうか。イースタンの方がいいという投稿があったので悩んでいます。
    長文失礼いたしました。

    • 間違いなくイースタングリップをおすすめします。

      グリップを持ちかえるタイムロスとは比べ物にならないくらいのメリットがあるので、せっかく今まで練習してきたイースタングリップでのサーブを変えるのはもったいないですよ!

  2. こんにちは 大平です。いつも参考にさせていただいています。ファーストサーブを上からうつのですがトスが高さも真っ直ぐにもあがりませんなので確率は100本打って2.3本です。
    家にいてもできる練習の仕方はないですか? よろしくおねがいします。

    • サーブカテゴリの中に、トスに関しての記事があるので参考にしてみてください!

  3. いつも拝見させていただいてます!

    私は高校二年の後衛です。
    去年の夏に先輩が引退してからペアが変わり、雁行陣から前衛側のダブル後衛になりました。

    ダブル後衛が初めてなのと、先生がソフトテニス経験が無いので、どんな練習をすればいいのか正直困ってます。
    一応私は前衛側なので、チャンスがあれば前にでて前衛の動きができるように、前衛のメニューにも加わっているのですが、前衛メニューはチャンスじゃなくても前にいるので、違うような気がして、どこまでの前衛の技術があればいいのか分からなくなっています。
    また、前衛メニューをして、試合で生かせれたことがあまりないのも悩んでいます。

    今まで約五年間ずっと後衛としてやってきて、引退まで時間も無いので、あくまでダブル後衛としてやっていきたいです。

    なので、ダブル後衛が攻めるときの前衛技術のいる練習はどうすればいいのか教えてください。

    長文失礼しました。

    • そうですね、ダブル後衛が必要なネットプレーの技術は基本的に、後ろで攻めて前へ出た次のチャンスボールを叩く技術です。

      そのためセカンドレシーブで攻め、返ってきたチャンスボールを叩く練習や、攻め返された場合のローボレーの練習が必要ですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)