ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

単純かつ有効な左利き対策

単純かつ有効な左利き対策

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り、左利きの後衛の対策方法を紹介します。

左利きの後衛はなんかやりにくい、苦手だ、といった前衛の方も多いと思いますが、左利きの選手ならではの特徴さえ抑えることが出来れば普通に戦うことが出来ますよ!

前衛最短育成理論のバナー

左利きの後衛の対策法とは?

まず、なぜ左利きの後衛に苦手意識を持ってしまうのかですが、それはもちろん普段と違うからです。では何が違うのか、それは「引っ張りと流しが逆になる」ということです。

そして基本的に、流しのボールに比べて引っ張りのボールの方が速く、また後衛が打つ回数も多いんです。

そのため、普段右利きの後衛が打つと流しになるため遅いはずの逆クロスのボールや、正クロス展開からのストレートパッシングが、左利きの後衛と試合をするとやけに速く感じてしまうんです。

そのため多くの前衛が左利きの後衛と試合をすると、引っ張りばかりを気にして動けなくなってしまうんです。

しかしこれは私から見ると、本当にもったいない、負の連鎖です。
ここで左利きならではの特徴を利用するのです。

それは右利きの後衛に比べて、
「圧倒的に流しに打つ割合が高い」ということです。

よく考えてみて下さい。
そもそも右利きの後衛が引っ張りが好きな理由は、引っ張りに打つ回数が流しに打つ回数よりも多いからです。乱打にしろレシーブにしろ、必然的に引っ張りに打つ回数の方が多くなってしまいますよね?

では同じ環境で練習している左利きの後衛はどうなりますか?
そうです、正反対に「流しに打つ回数の方が多くなる」んです。
レシーブが正クロスの時点でそうなってしまいますよね。

ということは、左利きの引っ張りを恐れて動かないのは見当違いです。
もちろん左利きの後衛の引っ張りは脅威です。右利きの流しのボールを取りに行くつもりで動いても絶対に取れないでしょう。

そのため左利きの後衛と戦うときに意識するポイントは、

「引っ張りのパッシングには警戒しつつも、基本的には打たれる割合が多く球威も弱い流しを中心につかまえにいく」

ということですね!
具体的に挙げると正クロス展開でのクロスへの流しや、ストレート展開からの流しのロブなどが狙い目だということです。

今日話した内容は必ずしも全ての左利きの方に当てはまるとは限りませんが、多くの左利きの後衛に当てはまる内容だと思うので、試してみる価値はあると思いますよ!

逆にこれを見てしまった左利きの後衛の方がいたら、自分の武器「引っ張りのボール」を極められるよう頑張って下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年5月3日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも、楽しみに拝読しております。私は、左利きの後衛です。とても参考になりました。この反対を心がけて練習します。

  2. 息子が中学で後衛をやっています

    いろいろな大会で3位は何度も取るのですがなかなかそこから上に行かれません

    息子なりに考えて、前衛の子とサーブレシーブの位置を交代する事にしたようです

    息子自身が流し方向が得意なのと、先日の試合相手の左利きの後衛対策も兼ねてだそうです

    近く大きな大会があって絶対に今までより勝ち上がって県大会に行きたいと思っているのですが
    もし前衛の子がやりづらいようだったら元も子もないような気がしているのです

    つい最近、その作戦で左利き後衛の相手と対戦してファイナルで負けてしまいました
    もしやりづらいなら元に戻すか前衛の子に聞いた所
    このままでいいと言っていたようなので、このまま行くようですが
    このポジションでの後衛前衛ともにメリットデメリットを教えて頂けたらありがたいです

    よろしくお願いいたします(*m_ _)m

    • のすけさん、返信遅れてしまい誠に申し訳ございません。

      早速本題に移りますね。
      レシーブの位置を交代するメリットは、前衛が右利きならばセンター寄りの位置でフォアハンドでレシーブができるため、レシーブ後センターを空けることなく素早くネットにつけることです。

      大きなデメリットはさほどないと思いますが、前衛が始めから前にいる状態でスタート出来る数が、試合を通して考えるときっと何本か少なくなってしまいますね。

      あとは息子さんの得意な展開がどの展開かによって、変えるべきかどうか決まってくるので、この点を考慮して決めてみてはいかがでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)