ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

モーションのみでディフェンスは可能?

モーションのみでディフェンスは可能?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はタイトルの通り「モーションのみで相手後衛の打つコースを制限する」方法についてお話しします。

前衛の理想形は「触らず、そして動かずしてポイントを取ること」ですよね。今日の内容はその理想に近付くための第1歩となる内容ですよ。

たった「1歩」でコースを限定できるモーションとは?

やり方は簡単です。打たれたくないコースへ1歩大きく動くだけ。そんなの誰でも出来るじゃないか、と思うかもしれませんがそれは違います。

この「モーションでのコース限定」を成功させるためには2つの条件があるんです。

1つは「タイミング」。
これが本当に重要で、そして難しいです。なぜかというと普通なら動かないタイミングで動く必要があるからなんです。

そのタイミングとは「後衛がコース変更できるギリギリのタイミング」ここの一瞬のみです。
つまり「ラケットを振り始めるコンマ数秒直前」に、打たれたくない方向へ1歩動くということです。

以前この記事「ポーチボレーに出る明確なタイミングとは?」で、後衛はラケットを振り始めたらもうコース変更はできないため、ポーチボレーに出るのは後衛がラケットを振り出した瞬間だとお話ししました。

しかしこのモーションで打つコースを限定する場合は、コース変更できなくなってしまうと手遅れのため、あえてその一瞬前のタイミングで動くんです。そのためには相手をよく見ることができる「観察眼」が必要となってきます。

そしてもう1つの条件が「後衛によく見られること」です。
どんなにベストなタイミングで1歩動こうが、相手があなたのことを見ていなければなんの意味もありません。

見られるためには試合の前半でよく動き、そしてしっかりと決めることが必要不可欠です。触られても大丈夫な前衛のことなど後衛は見ませんからね。

まとめると「試合前半によく動きポイントを取り、相手に自分のことを十分に意識させたら、相手がラケットを振り出す直前に、打たれたくない方向へ1歩動く」ということですね!

これが完璧に出来るようになれば、相手後衛の打つコースを限定し試合をコントロールできるどころか、モーションだけで、つまりボールに触らずして相手をミスに追い込むことも出来ますよ!

今日は少しレベルの高いことをお教えしましたが、常に意識して試合に取り組めばいつか出来る時が必ず来るので、自分には無理だと決めつけず、是非チャレンジしてみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

前衛ドットコム限定 PDF

(最終更新:2016年5月1日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このサイトを見させていただいて以降、考えて前衛をするようになりました。ありがとうございます。ツバサさんはたくさん相手のコースの読み方を投稿してくださいますが、自分では頭でなるほどと理解しても試合でなかなかうまく動けません。簡単にコースを読めないのは分かっていますが、予測をしてボレーできるようになりたいです。

    • 試合を考えて数多くこなすことできっと自然と体が動くようになると思いますよ!

      • そう言っていただけると安心であり不安です…(笑)ある程度は流れに任せ、ポジション取りの努力は怠らないようにします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)