ソフトテニス【前衛ドットコム】

               softtennis-zenei.com

サービスダッシュは位置と静止?

サービスダッシュは位置と静止?

ソフトテニス 前衛の皆さん。こんにちは!ツバサです!
今回はサービスダッシュについてお話しします。

前衛の方ならほとんどの方がやっているのではないでしょうか?
後ろでストロークをすることなく前に出れるというメリットもありますが、正しい方法で行わなければ大きなリスクも伴うプレーです。

なので今日はサービスダッシュのリスクを抑えるためのポイントを話します。

前衛最短育成理論のバナー

サービスダッシュのポイントは?

押さえるべき点は、

1.サーブを打つ位置。
2.走る方向と距離。
3.意識をどこに置くか。

この3点です。

まずサーブを打つ位置ですが、基本的にはセンターマークから約1メートル~1.5メートル以内で打つようにします。

もっとサイドの方で打つ人をかなり見かけますが、それだと単純に走る距離が長くなるため、合理的ではありません。できることならより前に前に進みたいですからね。

次に走る方向と距離ですが、方向はさっき言った通りななめに走ると損なので、ネットに向かって真っ直ぐ、垂直に走ります。

そして距離ですが、これは何メートルと決めるものではありません。足の速さ、サーブの速さ、相手の打つタイミングによっても変わるからです。

ではいつ止まればいいのか?それは相手がラケットを振り出す直前です。相手が打つときには完全に止まっている必要があるので、欲張って前に出過ぎずに、ギリギリのところで完全にピタッと静止しましょう。

ここでいつまでも走っている人が、サービスダッシュでミスをする典型的な前衛です。

最後に意識をどこに置くかですが、センターマーク付近から真っ直ぐ前に進むということは、相手から見るとわりとサイドが広く見えますね?ということで意識はサイドに置いておきます。

意識を置いておくだけで1歩目の反応が大きく変わってきますからね。ではセンターにボールが飛んで来たらどうするのか?もちろんボレーします。

あなたはセンターよりにいるんですから。つまり、サイドは意識を置くことでケアし、センターはポジションでケアをすということです。

難しいと思うかもしれませんが、どっちつかずのポジションで両方に意識を置くよりも絶対にやりやすいはずです。

そして何よりサイドを狙おうとする相手のミスが圧倒的に増えます。ショートクロスでサイドに落とすのは難しいですからね。

そしてあなたの後衛もセンターをケアする割合が減るので、自分の方に集中できます。

今日のポイントをまとめると、
1.サーブはセンターよりから打つ。
2.ネットに垂直にまっすぐ走り、相手が打つ前には完全に静止する。
3.意識はサイドに、ポジションはセンターに置くことで両方をケアする。

このように少しサーブを打つ位置や進む方向、意識を置く場所を変えるだけで、リスクを抑えたサービスダッシュができるんです。これは簡単なので、明日からぜひ試してみて下さいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
この記事が参考になった!という方、もしいらっしゃったら下のツイートのボタンからツイート、もしくはリツイートして広めてもらえると励みになります!
ではまた明日!ツバサでした!!
関連記事は下からどうぞ!!

(最終更新:2016年4月29日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは!前衛です。いつも拝見させてもらっています。
    突然ですが、自分は最近セカンドサーブでカットサーブを使い始めました。そこで前に走るのですが、サーブのコースが甘く自分にショットなどが返ってきます。
    サーブのコースを研究中なので、カットサーブのいいコースを教えてもらえるとうれしいです。できればお願いします。

    • カットサーブは基本的にセンターの短いところへ落とすのが基本ですよ!
      角度のついたショットを打たれるのを防げますからね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)